キッチンリフォームの費用相場・安く抑えるポイント

キッチンは家事の中心と言っても良い場所です。長く使っていると、改善したい点さらなる要望など出てくる方もいるのではないでしょうか。

キッチンの使い勝手を良くしたいのであれば、思い切ってリフォームしてしまうという手があります。では、キッチンリフォームには一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

今回は生活の快適度に大きく関わってくるキッチンのリフォームについて、費用相場やメリット、注意点などを詳しくお話します!

キッチンリフォーム費用の相場は50〜150万円

キッチンリフォームの費用は、設備機器のグレードや工事範囲、内容によって大きく変動します。
システムキッチン機器代金 25万円〜60万円
システムキッチン交換工事費用
(解体撤去・給排水工事・廃材処分費など)
20万円〜25万円
床材などの材料費 約30万円
内装工事 約20万円
壁付きキッチンをアイランドに 約150万円

 

リフォームにおいて、キッチンの移動をともなう内容になると給排水管の工事も必要になり、金額が大きくなります。例えば壁付型のキッチンを対面型にしたりアイランド型にしたりすると設備の移動が必要になりますので、費用は高額になります。

 

キッチンリフォームを安く抑えるには

予算内でおさまるようにするためには、こだわりがそれほどないポイントは設備や材料のグレードを落とすことが重要です。また、リフォーム業者の勧めるままに選ぶだけではなく、ご自分にとってどのグレードのものが必要なのかをよく考えましょう。

キッチン以外にもリフォームする場所がある場合、同じタイミングで行うと費用が抑えられるケースもあります。

 

キッチンリフォームのメリット

リフォームのメリットは、住み慣れた家を離れることなく一部の設備だけを使いやすくできることです。キッチンリフォームを行えば、古くなったガスコンロから高齢になっても安全に使用できるIHに取り替えるなど、ライフスタイルに応じた使いやすいキッチンにすることができます。

キッチンをリフォームする場合は数日間は使用できないことになりますので、その時は食事は外食したり、惣菜やお弁当を買うなど工夫しましょう。それ以外の生活は通常通り送れるケースがほとんどです。

コストを抑えながらも短期間で設備を新しくするにはリフォームが最適です。

 

キッチンリフォームで失敗しないための注意点

キッチンリフォームで後悔しないためには、下記の2点を抑えておくことが大切です。

  • あらかじめ予算をきっちりと決める
  • 妥協できないポイントをはっきりさせる

 

その上で複数の業者に見積もりをとり、業者を選びましょう。その際見積もりの金額に加え、見積もりに含まれない諸経費アフターメンテナンスに関することなど、疑問点に丁寧に答えてくれる業者を選んでください。

キッチンはバリエーションも豊富なので、特にこだわりがない場合は迷ってしまうこともあるでしょう。そのような場合は、他のお客さんに好評なモデルや設備を教えてくれたり、キッチンプランの提案など相談に乗ってもらえる業者を選ぶのもおすすめです。

 

関連記事

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です