マンションリフォームの費用相場・安く抑えるポイント

今住んでいるマンションの使い勝手を良くするためにリフォームをお考えの方も多いかと思います。マンションには戸建てとは違った独特の規則制限があり、確認してからリフォームを行うことが大切になってきます。

では、マンションをリフォームする際はどこに注意したらよいのでしょうか。また、マンションをリフォームするときの費用の相場は、一体どれくらいなのでしょうか?

今回はマンションリフォームについて、費用やメリット、注意点などをご紹介します!

マンションリフォームの平均費用相場

マンションのリフォームの相場は、どこまでリフォームするかによって大幅に異なります。一般的な相場をみてみましょう。

リノベーション 300万〜1500万円

リノベーションはマンションの一室をまるごとリフォームするイメージですので、当然費用もそれなりにかかります。窓やサッシなどのマンションの共用部分にあたる箇所以外の全てを、新築同然にリフォームします。

間取り変更 50万〜200万円

間取りの変更は生活動線を確保するのにも有効なリフォームです。

防音リフォーム 20万〜100万円

お住いの環境や楽器の使用などで防音リフォームをする場合もあるでしょう。防音リフォームは防音したいレベルに応じて費用が変わってきます。

キッチンリフォーム 100万〜250万円

キッチンなどの水回りのリフォームは人気が高いです。費用はそれなりにかかりますが、水回りの不便さや古さを取り除き、明るいキッチンに変更すれば生活レベルの向上にも繋がります。

 

マンションリフォームを安く抑えるポイント

今年はキッチン、来年はトイレ、などと少しずつリフォームをするよりも、水回りをまとめてリフォームしたほうが廃材処理の費用などがまとめて計算され、業者も割引に応じてくれやすくなります。

いくつかの業者を比較してどの業者が自分の要望に合ったリフォーム予算内でしてくれるか調べることも大切です。

 

マンションリフォームのメリット

木造の建物と違い、マンションはリフォームすることで新築同然に再生します。住みたいエリアに新築マンションがない場合などにも、古いマンションを自分の好みにリフォームして住めば、新築より安く、理想の自宅を手に入れることができます。

 

マンションリフォームの注意点

マンションのリフォームは利用規約によって出来ることと出来ないことがあります。

専有部分であっても、騒音の問題を回避するために、床をフローリングに変えることが禁止されていたり、構造上の問題から間取り変更ができなかったりするマンションもあります。他にも、配管の場所の問題で水回りの場所を移せない、ガス式床暖房を設置できないなどの制約がある場合もあります。

マンションのリフォームをする際は利用規約をしっかりと確認してからにしましょう。そしてどんなリフォームをしたいのか業者に希望を伝えた上で、もしも希望が叶わない場合でも代替案をきちんと提示してくれる業者を見つけることが大切です。

業者選びについては、こちらも合わせてご覧ください。

1 COMMENT

【専有部分と共有部分】マンションリフォームを行う際の注意点 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です