洗面所リフォームの費用相場・安く抑えるポイント

洗面所よって特に朝の快適度は大きく違ってきます。使い勝手や清潔感に気になる点があるなら、思い切ってリフォームを検討してみてもいいでしょう。

リフォームを考えたとき、真っ先に気になるのが費用面だと思います。洗面所のリフォームにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

今回は洗面所のリフォームに必要な費用の相場に加え、メリット注意点も合わせてお話していきます

 

洗面所リフォームは手軽に家のイメージアップを図れる

洗面所は来客時にも目につきやすいものですが、トイレやキッチンよりもコストを抑えてリフォームができます。そのため、家のイメージアップをしたい方にはおすすめです。

また、洗面台はドライヤーや髭そり、洗濯機をつなげるためにコンセントがたくさん必要となります。収納するものも多いので、使いやすいようにカスタマイズしてもらった収納キャビネットを造り付けてもらえば便利です。

自分の生活にあった使い勝手の良い洗面台は、朝の支度や洗濯をするときの時短にもつながるでしょう。

 

洗面所リフォームの費用相場は20万〜50万円

洗面所リフォームに関する費用は下記の通りです。

洗面台のみの交換 20万円
洗面所の内装も含めた洗面所全体のリフォーム 20万〜50万円
ハイグレードタイプの洗面台・バリアフリー仕様など 50万円~
洗面台の移動・新設 50万円~

 

洗面所のリフォームは、多くが工事費と洗面台本体の価格を合わせた金額が必要な費用の全体になります。洗面台は各メーカーがさまざまな種類を出していますがグレードによって価格は大きく変わってきます。

また、洗面所を移動したい場合は配管の工事も必要になってくるため、工事の規模が大きくなり費用も高額になります。

 

洗面所リフォームのポイント

安く抑えるなら洗面ユニットがおすすめ

あまり洗面所にこだわりがない場合は、シンプルな機能でもサイズ展開が豊富な洗面ユニットを選ぶのがおすすめです。カウンター、洗面ボウルなどパーツごとに好きなものを選べるシステムタイプは見栄えはいいのですが、その分値段は高くなりがちです。

しかし、型落ちメーカー在庫品だったり、洗面所リフォームを専門にしている業者の場合は値引き幅が大きいケースもあります。

【★エントリーでさらに4倍!8月4日20時〜8月9日1時59分迄★】【ナスラック】洗面化粧台 グランティス 間口75cm(洗面ユニットのみ) シングルレバー
created by Rinker
###マイセット 【Y5-60AW】Y5 洗面化粧台洗面ユニット
created by Rinker

洗面所と一緒に浴室もリフォームしたりといったように、複数のリフォームを同時に依頼すると特別割引をつけてくれる業者もあります。

 

打ち合わせは予算設定をしっかりと

いざ業者とリフォーム内容を打ち合わせると、本来予定のなかったものを入れたくなったり、予定以上のレベルのものに変えたくなってしまいます。そのようなことにならないよう、あらかじめ予算の上限とリフォームの範囲をしっかり相談して決めておくことが大切です。

 

洗面所リフォームの注意点

使い勝手の良い高さ・角度になるように

洗面台は家族みんなにとって使いやすい高さを選びましょう。快適な洗面台の高さは、下記の式で求められます。

身長 ÷ 2 = 使いやすい高さ

他にも、洗面ボウルの大きさ水栓蛇口の角度など家族みんなにとって使い勝手がよくなるようにしなければいけません。

事前にモデルルームなどで実物を確認してみましょう!

 

ユニット交換はサイズ感に注意

古い洗面台と新しい洗面台のサイズが違う場合、洗面所に微妙な隙間が生まれてしまうこともあります。中途半端な隙間はホコリがたまったり、物が落ちたりする原因になります。

なるべく半端なスペースができないように、洗面台のサイズや収納の配置を考えましょう。

 

洗面所のリフォームはコストパフォーマンスを

洗面所のリフォームではできるだけコストを抑えたいという方も多いかと思いますが、毎日の使用頻度を考えると改善したい部分はしっかり改善したいですよね。

特に洗面台を選ぶ際は、自分や家族が洗面台で毎朝何をしているかを振り返りながら必要な機能を選びましょう。これだけは絶対にほしい!という機能が備わった洗面台を出来るだけ安く手に入れることで、コストパフォーマンスの高いリフォームを実現できます。

3 COMMENTS

【壁紙選び】洗面所リフォームでぴったりな壁紙を選ぶコツ | リフォーム見積りネット へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です