【どこまで可能?】マンションのキッチンリフォームに必要な費用と注意点

「キッチンが狭い」「収納が足りない」などの理由からキッチンリフォームを考えているという方もいらっしゃると思います。特にマンションにお住まいの方は住居の面積に限りがあるので、狭さに悩まれる方は多いようです。

マンションでのリフォームは戸建のリフォームに比べて制限されることが多いというイメージを持たれている方もいるかと思いますが、実際にマンションのキッチンをリフォームする場合、どのような点に気をつければよいのでしょうか?また、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

今回はマンションのキッチンリフォームの注意点と、必要になる費用についてお話していきます!

マンションで出来るキッチンリフォームは?

マンションのリフォームは規約や構造の問題から出来るリフォームと出来ないリフォームがあります。

キッチンの移動

キッチンの移動をする場合、水回りの移動出来るようになっているかマンションの規約を確認する必要があります。規約をクリアしているならば次にキッチンを移動させたい場所を決め、その場所は排水管を十分な勾配をとりながらパイプスペースまでつなげられる位置にあるかを確認します。

床下にあまり空間が無い場合、あまり遠くへ移動してしまうと十分な勾配が取れずに排水が流れていかなくなるので、移動範囲は限られてきます。

 

設備の変更

マンションでは、一戸あたりの電気容量に上限があります。例えばIHクッキングヒーターを導入するのであれば既存のままでは電気容量足りず、容量を上げる必要が出てきます。

IHクッキングヒーターの他にも、食器洗い機電子レンジなどでも電気容量は足りなくなりがちなので注意しましょう。

[最安挑戦]電子レンジ 17L アイリスオーヤマ IMB-T176-5 IMB-T176-6 ターンテーブル レンジ 東日本 西日本 小型 一人暮らし 新生活 解凍 あたため シンプル ホワイト 白 簡単 調理器具 全国対応 簡単操作 おしゃれ あす楽対応
created by Rinker

マンションが古い場合は全体への電気供給量に制限がある可能性がありますので、上げることが出来るかどうかをマンションの管理組合に確認を取ってみましょう。

 

マンションでキッチンリフォームを行う際の注意点

マンションでキッチンのリフォームを行う場合、大きく下記の2つのことに注意しなくてはいけません。

  • マンションの構造上リフォームの制約が多くなる
  • 規約によっては出来ないリフォームも

では、ひとつずつ詳しく見ていきましょう!

 

マンションの構造上リフォームの制約が多くなる

マンションのリフォームが戸建と大きく違う点は、共有部分に手を加えることは出来ないため自由度が低いことです。

そのため、もともとあるキッチンの位置を変えずにリフォームするなら気になりませんが、キッチンの移動を伴うリフォームを考えている場合は給排水管やダクトの位置によって移動が制限される場合があります。

どれくらい移動が制限されるか、希望する位置への移動が可能かは一度業者に部屋を見てもらってプロ目線で判断してもらいましょう

 

規約によっては出来ないリフォームも

マンションのリフォームにはそもそも規約によって手を加えることができない箇所もあります。例えばリフォームしたい場所の床や壁が共有部分にあたる場合はリフォームが制限されます。

また、リフォームによって必要になるキッチンの電圧が規定を超える場合はリフォームができなくなります。特に古いマンションは電圧が足りないことが多く、マンションの管理組合にリフォームの許可をとる必要があります。

 

マンションのキッチンリフォームに必要な費用

マンションでキッチンの交換リフォームを行う場合、費用の相場は以下のようになります。

I型キッチン 50万~120万円
L型キッチン 65万~130万円
対面型キッチン 70万~160万円
アイランドキッチン 150万~350万円

 

マンションのキッチンリフォームに必要な費用は、基本的に戸建のキッチンリフォームと変わりません。使用するキッチンのグレードによって価格に幅があり、さらにキッチンの移動や収納の増設をするかによって追加で費用が発生するかが決まります。

より詳しい金額を知りたい場合は、一度業者に相談して見積もりを出してもらいましょう。

 

マンションのキッチンリフォームはよく確認してから!

マンションのキッチンリフォームを決めたら、まずはマンション側に規約の確認をしましょう。

出来ること出来ないことがはっきりすると、キッチンリフォームのイメージをより具体的に固めることができます。納得のいくリフォームを完成させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です