【注意点】失敗したくない!店舗リノベーションのポイント

店舗をより良い場所にするために、店舗をリノベーションするというのはとても有効な手段です。店舗のリノベーションは、上手くやれば売上アップ集客アップにもつながります。

では、より良い店舗にするためにはどこに気をつければよいのでしょうか?

店舗のリノベーションは何のために行う?

店舗リノベーションを行うなら、「何のためにリノベーションするのか」「どんな店舗にしたいのか」という明確な目的が大切になります。ここがふんわりしていると仕上がりがイメージと違ったり、思っていたような効果が出なかったりするので注意しましょう。

 

店舗リノベーションのポイント

お店のコンセプトを決める

リノベーションをする際、お店のコンセプトをあらかじめ決めておくというのはイメージ通りにリノベーションを成功させる上でとても大切です。逆に言うと、リノベーションによりお店のコンセプトを変更してリニューアルすることも出来ます。

店舗のリノベーションをするときはコンセプトに沿って、外観や内装と取り扱う商品やサービスがちぐはぐにならないように気をつけましょう。

お店の見た目と中身の矛盾は内容によってはプラスになることもありますが、多くの場合お客様が違和感を感じてしまう原因になります。

 

入りたい!また来たい!と思われる店舗にする

お客様に来てもらう店舗にするには、まず「この店に入りたい!」「また来たい!」と思ってもらえるようにするのが一番です。

入りたいと思ってもらうには第一印象となる外観が重要で、また来たいと思ってもらうには居心地の良さが重要です。初めて来たお客様を逃がさないような工夫をしましょう。

 

スタッフが働きやすい動線を確保する

お客様のことはもちろん、働くスタッフのことも考えた構造にしましょう。店内の動線がしっかりしていれば、スタッフが無理なく効率よく働くことができます。

 

予算はあらかじめ提示しておく

リノベーションをするとやりたいことが次から次へと出てきて、あれもこれもと取り入れた結果工事費用材料費が高額になるというケースがよくあります。

 

将来またリノベーションすることを考える

一度リノベーションをしても、長くお店を続けていくならまた時代の流行に対応しなければいけなくなるタイミングがくるかもしれません。数年ごとのタイミングで小規模な修繕工事を行うことを見据え、店舗の構造を工夫しましょう。

 

店舗リノベーションにかかる費用

店舗のリノベーション費用は業種や設備の内容、面積の広さによって変わってきます。また、既存の店舗をリノベーションするのか、新しく物件を購入して全く一からつくるのかでも費用は大きく差が出ます。

店舗リフォームにかかる費用については、こちらも合わせてご覧ください。

 

店舗リノベーションは計画的に

店舗のリノベーションは、店舗のデザインを新しくする以上の効果があります。集客力アップやコンセプトの確立の機会にもなりますので、リノベーションはしっかり考えて行いましょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です