リノベーション賃貸物件って実際どうなの?デメリットはある?

賃貸へのお引越しを考えたとき、築年数部屋の広さ部屋についてる設備周りの環境など、お部屋に求める条件は人それぞれだと思います。そんな賃貸を探している方に最近人気なのが、リノベーション物件です。リノベーション物件は内装が綺麗なのに比較的家賃が安く、いいお部屋に住みたいというという方から注目されています。

一見好条件なリノベーション賃貸ですが、具体的にどのような物件なのでしょうか?また、実際に住んでみてデメリットはないのでしょうか?

今回は最近人気が高まっているリノベーション賃貸について、メリット・デメリット探し方のポイントをまとめていきます!

 

リノベーション賃貸物件とは?

リノベーションとは?

そもそもリノベーションとは、比較的大規模な修繕工事のことを言います。リフォームよりもガッツリ修復を行いますのでお部屋はかなり綺麗になりますが、建物の基礎的な耐久性などはやはりもとの建物にそったものになるので完全に戻すことはできません。イメージとしては、リフォーム以上新築未満の仕上がりになります。

リノベーションの狙いは?

賃貸においては、特に築年数が経った物件はそのままでは「古い」「住みづらい」というイメージから入居希望社が少なくなってしまう傾向があります。そういった物件にリノベーション工事を行って部屋を現代の流行りに近づけたり設備を最新式のものに取り替えることで、入居希望者を増やす狙いがあります。

入居者側は綺麗な部屋に住むことができ、管理者側は空き部屋ができてしまうのを防ぐことができる。リノベーションはうまくかみ合えば双方にメリットのある方法になります。

 

リノベーション賃貸物件のメリット

新築のようなきれいさで家賃が安い

リノベーション物件は大規模な工事によりお部屋の設備や内装を一新していますので、新築並の綺麗さになっています。しかし建物自体は築年数がある程度経っているものが多いので、同じような新築のお部屋に比べると比較的家賃は安くなります。

さらに、リノベーションされた物件は入居者を確保するために家賃交渉に応じてもらえる場合が多いので、条件の良い部屋に破格の値段ですむチャンスになるでしょう。

デザイン性に優れた物件も多数

万人受けするデザインが多い新築物件に対し、リノベ―ジョン物件は他と差をつけるためにデザイン性に優れているものが多数あります。うまく見つければ理想のお部屋に近づけるかもしれません。

 

リノベーション賃貸物件のデメリット

 築年数に注意

いくらリノベーションをしているといえども、リノベーション物件は築年数が経過した建物です。綺麗に見えても、実は建築基準法が改正される前に建てられており現在の耐震基準を満たしていない物件である可能性もあります。

古さがにじみ出てくる

お部屋が綺麗でも見えないところは築年数相応の設備がそのままになっており、のちのちトラブルに発展するというケースもあります。特に水回りは建物の基礎から工事をする必要があるので、リノベーション物件でも配管が交換されていないことが多く、水から古い臭いが発生してお風呂やキッチンで気になることもあります。

 

リノベーション賃貸物件は入居前によく確認を!

リノベーション賃貸物件はうまく選ぶことができればメリットの大きな物件ですが、確認不足であとあと後悔してしまうこともあります。選ぶ際は必ず一度下見をさせてもらって、気になる部分がないかを確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です