コンクリート打ちっぱなしの住宅とは?知っておきたいメリット・デメリット

デザイン性に優れた「コンクリート打ちっぱなし」の住宅。あの無機質で無骨な感じかかっこいいと憧れてしまいますよね。

見た目の良さから注目されているコンクリート打ちっぱなしの住宅ですが、実際に住んでみたらどんな感じなのでしょうか?

今回はそんなコンクリート打ちっぱなし住宅のメリット・デメリットについてお話します。

 

コンクリート打ちっぱなしとは?

コンクリート打ちっぱなし(打放しコンクリート)とは建物の仕上げの一種で、コンクリートの上に塗装したりタイルを張ったりという仕上げの工程を省いてコンクリートがむき出しのままの状態を完成とする方法です。外壁だけでなく内壁にも使われています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤本工務店さん(@fujimoto_koumuten)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHILDREN’S WORLD オトナの秘密の基地さん(@himitsunokichi)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

アートプランニング/カサーレさん(@artplanning.co.ltd)がシェアした投稿

デザイナーズマンションやデザイン性の高い建物によく使われており、現代的でクールな印象を与えます。

 

コンクリート打ちっぱなし住宅の特徴は?

コンクリート打ちっぱなしのメリット

コンクリート打ちっぱなしの住宅のメリットには、例えば下記のようなものがあります。

  • デザイン性の高さ
  • 防音性の高さ
  • 耐火性の高さ
  • 火災保険が安くなる

 

一番のメリットは何と言ってもデザイン性です。コンクリート打ちっぱなしの住宅は木造と違い壁のコンクリートがそのまま家を支えています。柱の位置などを気にする必要がないので間取りや内装のデザインを比較的自由に決めることが出来ます。

また、防音性が非常に高いため、小さな子供が遊びまわったり家で楽器を演奏したりしても近隣を気にする必要はなくなります。耐火性も高く木造よりもはるかに燃えにくくなっており、その分火災保険の料金が安くなるというメリットもあります。

 

コンクリート打ちっぱなしのデメリット

コンクリート打ちっぱなしの住宅のデメリットには、例えば下記のようなものがあります。

  • 断熱性の低さ
  • 光熱費の高さ
  • 結露やカビの発生
  • 劣化が早い

 

コンクリートは外の熱を室内によく伝えるので、夏は暑く冬は寒い家になりがちです。これはコンクリートという素材の性質上仕方のないことですが、冷暖房をよく使う分光熱費が高くなることを覚悟しておきましょう。

また、コンクリートはセメントと水、砂、砂利を混ぜて合わせて化学反応によって固まることで作られますが、その水分が完全に抜けて乾ききるまでには3~5年という長い年月が必要になります。そのため、新築で住み始めた最初は湿気が気になったり結露が発生しやすくなります。

油断していると部屋のあちこちにカビが生えてくる場合もありますので注意しましょう。

 

コンクリート打ちっぱなし物件に快適に住むには?

コンクリート打ちっぱなしの物件に快適に住むには、デメリットとなる部分にちゃんと対策することが重要になります。住んでからできる対策として、大きく次の3つが挙げられます。

  • 寒さ・暑さ対策
  • 湿気対策
  • 結露・カビ対策

では、ひとつずつ具体例を見ていきましょう!

 

寒さ・暑さ対策

コンクリート打ちっぱなしのお部屋は、コンクリートの性質上暑くなったり寒くなったりしやすいです。寒さ・暑さ対策の第一歩として、まずはお部屋のカーテンを工夫してみましょう。

カーテンは厚手のものや窓をしっかり覆う丈のものを選ぶことで外からの熱気や冷気をシャットダウンし断熱効果を得ることができます。

窓からの熱の出入りが軽減されることで冷暖房もききやすくなります。

 

湿気対策

湿気対策の基本はこまめに空気を入れ替えることです。よって換気をすることが簡単かつ確実に湿度を下げる方法になります。換気の際は2か所以上開けて空気の通り道を作ってあげると効果的です。

また、窓を開けると同時に扇風機を使って風を送り込むことで溜まっていた空気を流すことができ、さらに効果的です。

 

結露・カビ対策

コンクリートの壁は結露しやすく、カビも生えてきやすくなっています。

結露やカビの対策にはエアコンを活用するのが効果的です。除湿モードを使って部屋の湿度を適正に保ちましょう。

 

かっこいい物件は機能性も見て

コンクリート打ちっぱなしの住宅はかっこよく憧れの住まいではありますが、機能性の部分もしっかり理解してから住まないと後悔することになるかもしれません。

メリット、デメリットと自分の価値観を照らし合わせて、納得できるならぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です