【徹底解説】エコキュートとは?設置・交換に必要な費用相場

光熱費を節約できる給湯設備としてエコキュートが注目されています。お家に導入することを考えているご家庭もあるのではないでしょうか。

今回はそんなエコキュートについて、交換や設置に必要な工事や費用についてご紹介します。

エコキュートとは?

エコキュートの仕組みと特徴

エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用した電気給湯機で、ヒートポンプ技術とは大気中にある熱をヒートポンプユニットで自然冷媒に集めて圧縮することで高温化しその熱でお湯を沸かす技術です。

同じく電気を使ってお湯を沸かす機械に電気温水器がありますが、電気温水器はタンクの中に設置されたヒーターによって水を温めますので、ヒートポンプ技術を利用するエコキュートとはまだ別になります。

エコキュートには下記のような特徴があります。

  • ガスに比べて省エネルギー
  • 自然エネルギーを使うため環境に優しい
  • 運転音が静か
  • 光熱費がお得になる

 

エコキュートはその名前の通り、“エコ”な給湯システムとして注目されています。既存の給湯システムよりも省エネルギーで環境にやさしい設計になっています。

エコキュート 三菱 工事費込セット(商品+基本工事+無料3年保証) [SRT-S374]Sシリーズ フルオートW追いだき 370L 角型 一般地仕様 浴室・台所リモコン/脚部カバー付 処分費込 送料無料 下見無料【メーカー直送のため代引不可】【メーカー直送のため代引不可】

エコキュートが人気なもうひとつの理由が光熱費がお得になることです。では、実際にどれくらいお得になるのか見ていきましょう

 

エコキュートで光熱費はどれくらいお得になる?

エコキュートの導入により給湯器に必要だったガス代や灯油代を支払う必要はなくなるので、その分の費用が浮きます。代わりに電気代が増えることになりますが、総合的な光熱費は今までよりも低くなる場合がほとんどです。

電気代は住んでいる地域や電力会社のプランにもよりますが、例えば関西圏に住む4人家族がエコキュートを導入した場合、給湯器にかかる年間の光熱費は下記のように変化します。

既存の給湯器と年間の光熱費 交換後の光熱費 お得になった額
従来型ガス給湯器(LPガス)
約136,100円
エコキュート
約25,000円
約111,100円
従来型ガス給湯器(都市ガス)
約76,300円
約51,300円

年間のランニングコストにここまで差が出るのは驚きですね!住んでいる地域、家族構成などによって光熱費は変化しますので、気になる方はこちらのシュミレーターで確かめてみてください

【三菱電機】 エコキュート:給湯光熱費かんたんシミュレーション

 

エコキュートを新しく設置する場合

エコキュートの設置に必要な工事は?

エコキュートの設置には下記のような工事が必要になります。
  • 既存の給湯器の撤去・廃棄
  • 土台の基礎工事
  • エコキュート本体の取り付け工事
  • ブレーカー設置工事
  • 専用配線工事
  • 分電盤交換工事
  • 給水配管工事
  • 排水管工事

 

それまでエコキュートの使っていなかったのであれば、ただ取り付けるだけではなく基礎部分配線排水管などをエコキュートに合わせて整備する必要があります。

 

エコキュートの設置に必要な費用は?

エコキュート交換費用相場 15万~30万円+エコキュート本体代

 

もともとの給湯器を撤去して新たにエコキュートを設置する場合、費用の相場は15万~30万円+エコキュートの本体代になります。設置以外の工事も必要になるため。費用はやや高くなります。

 

エコキュートを交換する場合

エコキュートの交換時期は?

エコキュートを長い間ずっと使っているというご家庭は設備の見直しを機に交換してしまうのも良いでしょう。交換の目安として、エコキュートの寿命(耐用年数)は下記のようになっています。

ヒートポンプ 5年~15年
貯水タンク 10年~15年

エコキュートの寿命が近づいてきたり、お湯の温度や量のトラブルが発生してきたら交換のタイミングは近いかもしれません。

 

エコキュートの交換に必要な費用は?

エコキュート交換費用相場 5万~15万円+エコキュート本体代

 

交換に必要な費用の相場は5万~15万円+エコキュートの本体代になります。

エコキュートからエコキュートへの交換は、新しく設置する場合やガス給湯器からの変更よりも安く済む場合がほとんどです。理由としては基礎工事や配管工事、電気工事などを新たに行う必要がなくなるからで、工事費が安く済みます。

 

エコキュートの導入で省エネと節約を!

エコキュートは光熱費の節約につながるだけでなく、音が静かだったり省エネに繋がったりとメリットもたくさんあります。

興味のある方はぜひ設置を検討されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です