外壁塗装のよくある色選びの失敗と回避するためのポイント

お家を雨風から守ったり、外観を美しく保つのに大切なのが外壁塗装です。外壁は外にあるので自然環境の影響を受けやすく、定期的なメンテナンスが必要な部分になります。

お家に長く住み続けるといつかは必要になる外壁塗装ですが、実は外壁塗装はリフォームの中でも失敗が多い施工だというのをご存知でしょうか?

今回は外壁塗装でよくある失敗と、それを回避するために注意すべきポイントをご紹介します!

外壁の色選びの失敗

外壁はお家を雨風から守るという機能面だけではなく、外観の印象にも大きく影響を与える部分です。一度塗装するとおおよそ10年はそのままになりますので、色選びは大切になります。

外壁塗装の色選びで起こる失敗には、例えばこのようなものがあります。

  • 窓枠や屋根の色と合わなかった
  • 近隣の家から浮いてしまった
  • 見本のイメージと違う仕上がりになった
  • 色褪せるのが早い

失敗を回避するには色の特徴をよく理解した上で、より実際の環境に近いところで色を見て選ぶ必要があります。

 

家の要素や近隣との調和を考える

家の外観を作る要素には外壁のほかにもあります。

  • ドア
  • 屋根

 

これらの色を無視して外壁の色を決めてしまうと、家全体の色のバランスがちぐはぐになってしまいます。

また、特にご近所同士の家の距離が近いお家は、近隣の家の色町全体とのバランスも見なければ一軒だけ浮いてしまうことになりかねません。外壁の色を選ぶ際は外壁だけではなく、周りの色の様子もよく見て決めると失敗が少ないでしょう。

色選びのポイントについてはこちらの記事も合わせてご覧ください。

 

色自体が持つ印象を知っておく

ベージュは外壁でも定番の色で、周りとの調和も取れやすく優しい印象をを与えます。

一方原色に近いは周囲から浮きやすく、経年劣化で色あせもしやすいので選ぶ際は注意が必要です。また、ピンクパープルなどは一見奇抜で濃すぎると周りから浮いてしまいますが、淡いものを選ぶと華やかできれいな外壁に仕上がります。

このように、色自体が与える印象と外壁にしたときの色の効果を知っておけば、色選びがしやすくなるでしょう。

外壁の色が与える印象については、こちらの記事も合わせてご覧ください。

 

色見本は大きいサイズでさまざまな時間帯に

色には大きい面積でみたときには薄く小さい面積でみたときには濃く見えるという特性があります。

https://penkio.com/column/area_effect/

これは外壁塗装の色にも言えることで、小さな色見本でいいと思った色を実際の外壁サイズで見たらイメージと違うということはよく起こっています。色見本をみるときは最低でもA4サイズ以上の大きさで確認しましょう。大きいサイズの色見本は業者に相談すると取り寄せることができます。

また、室内の蛍光灯の下で見る色の印象屋外の自然光の下で見る色の印象も違います。外壁にしたときどんな仕上がりになるのかは、時間をずらして外で色を見てみるとよりイメージしやすくなるでしょう。

  • 晴れ
  • 曇り
  • 夕方

さまざまなパターンを確認しておけば間違いが少なくなります。

 

外壁塗装は業者選びから

外壁をイメージ通りの色に仕上げられるかは、塗装業者選びによる部分も大きくなってきます。良い外壁塗装の業者を選ぶことで、色選びだけでなく仕上がり費用の面でも満足のできる塗装になります。

外壁塗装の業者選びについてはこちらも合わせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です