子ども部屋を作りたい!ひと部屋を間仕切りする方法まとめ

子どもが成長するにつれて、ひとりになれる空間を用意してあげたいと考えている親御さんも多いかと思います。一人っ子ではなく兄弟ができて部屋を複数用意したくなった場合、部屋数が足りなくなってしまったというご家庭もあるのではないでしょうか?

お部屋を増やしたいのであれば増築という手もありますが、もっと気軽にできる方法としてひと部屋を間仕切ることで部屋数を増やすというものがあります。

では、お部屋を間仕切るのには一体どのような方法があるのでしょうか?

a

今回はお部屋の間仕切りについて、どんな方法があるのかを詳しくお話していきます!

 

部屋は簡単に間仕切りできる?

部屋の間仕切りは、ひとつの子ども部屋を兄弟で分けて使いたいときなどによく使われます。ひと部屋を間仕切りする方法はいくつかありますが、簡単にできるものもあればしっかりリフォームが必要なものまでさまざまです。手軽なものであれば業者に頼まず、ご自身でDIYをしたという方も多いです。

どの方法で部屋を間仕切りするかによって費用や手間も変わってくるので、よく比べて一番合ったものを選んでいきましょう。

 

部屋を間仕切りする方法

背の高い家具を置く

もっとも簡単かつ実用的なのは、背の高い家具を設置することではないでしょうか。本棚やラックなどを置けば、部屋を間仕切るだけではなく収納スペースも増えて一石二鳥です。完全に部屋を仕切っていなくてもある程度死角になるスペースができるだけでプライベートは確保されますので、仲の良い兄弟などにはおすすめです。

カーテンを取り付ける

カーテンを取り付けるのも比較的簡単に部屋を間仕切る方法です。カーテンを使うには部屋の天井にカーテンレールを取り付ける必要がありますが取り付けは難しくはないので、その気になれば自分でも挑戦できます。

また、間仕切りとして使うのにおすすめなカーテンにアコーディオンカーテンがありますが、アコーディオンカーテンを設置するのであればカーテンレールではなく吊りパイプによって天井から吊り下げる方法があります。こちらの方法で取り付ければカーテンと天井の間に隙間ができ、上からの光を遮らなくなるので部屋を明るく保つことが出来ます。

壁を作る

しっかり個室として分けたいのであれば、壁の新設リフォームをするのがおすすめです。ひとつの部屋をふたつの空間として完全に分けることができます。ただし、壁を作ってしっかり分けてしまうと圧迫感がでてしまうこともあるので、新設の際は作った後のことをよくイメージしてから決めましょう。

壁の新設はそれなりの工事が必要ですが、そこまで大がかりなものにはなりません。基礎を必要としない壁であれば、工期も平均で1日と短くなっています。工事の費用は壁の造りや大きさによって異なり、相場はおおよそ8万~20万円ほどとなっています。

a

壁の新設にどれくらい費用がかかるのか、詳しく知りたい方は一度複数業者から相見積もりを取るのがおすすめです。相見積もりの際は[adsSiteName]の無料お見積りサービスをぜひご利用ください。

[adsSiteName]無料お見積りサービスはこちら

 

部屋の間仕切りはライフスタイルに合わせて

間仕切りの選び方、設置の仕方でぴったりなものはそれぞれのご家庭によって違ってきます。部屋の間取り、子どもの教育方針なども含めて考え、よく選んでいきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です