【マンション】水回りの交換リフォームに必要な費用の相場は?

水回りは人気のリフォーム箇所です。マンションにお住まいの方でも、「そろそろ水回りをリフォームしようか」と考えている方もいるのではないでしょうか。

リフォームを考える上で気になってくるのが、必要な費用がどれくらいなのかという点ですよね。マンションで水回りをリフォームと費用はどれくらいかかるのでしょうか?また、戸建のリフォームと差が出る部分はあるのでしょうか?

今回はリフォームの中でも特に人気の高い水回りのリフォームの費用について詳しくお話していきます!

マンションと戸建でリフォーム費用は変わるの?

マンションのリフォームと戸建のリフォームで費用面に大きく差が出ることはほとんどありませんが、マンションの方がリフォームできる範囲が小さく収まるため費用もやや低くなることもあるようです。

しかし、マンションはリフォームの際の規制が戸建よりも多く、特に水回りのリフォームは配管の問題から管理規約によってはできないリフォームもあるので注意が必要です。

 

水回りの交換に必要な費用

今回は水回り4点とセットにされることも多い「キッチン」「浴室」「トイレ」「洗面所」のリフォームについて見ていきます。

キッチンの交換リフォーム

キッチンの交換リフォームに必要な費用相場 80万~200万円

 

キッチンの交換リフォームにかかる費用は80万~200万円ほどが相場です。グレードによって費用は変わるので、よりこだわって機能をつけたい場合などはその分高額になります。

キッチンのリフォームは他の水回りのリフォームより費用が比較的高額になりますので、いるものいらないものをしっかり決めて行いましょう。

浴室の交換リフォーム

浴室の交換リフォームに必要な費用相場 50万~100万円

 

浴室のユニットバスを交換するリフォームの相場は50万~100万円ほどになります。ユニットバスにもキッチンと同様グレードがあり、よりこだわる場合は費用が高額になります。

さらに、浴室乾燥機などの機能をつけたり、バリアフリーのために手すりを設置するなどしたらその分の費用が足されていきますので、浴室リフォームにおいて必要なものは何かをあらかじめ考えておきましょう。

トイレの交換リフォーム

トイレの交換リフォームに必要な費用相場 15万~35万円

 

トイレの交換リフォームの相場は15万~35万円ほどになります。トイレにはタンクありのタイプタンクのないタンクレスタイプがあり、スタンダードなタンクありタイプの方が費用は安価になります。

トイレのリフォームには他にも床や壁の張替えなどの内容があり、必要な工事が増えたらその分費用は高くなります。また、タンスレスタイプのトイレを選んだ場合は手洗い器の設置が追加で必要になるので注意しましょう。

洗面所の交換リフォーム

洗面所の交換リフォームに必要な費用相場 10万~20万円

 

洗面所をリフォームする場合、洗面台を新しいものと交換するだけなら費用は10万~20万円ほどになります。こちらもトイレ同様、内装も含めて全体をリフォームする場合はその分費用が高額になります。

 

水回りリフォームの費用を抑えるコツは?

リフォームをするならできるだけ費用は押さえておきたいですよね。

水回りのリフォームを安く済ませるコツは、出来るだけまとめて行うことです。水回りのリフォームをまとめると、単体で行うときに比べて下記のようなメリットが出てきます。

  • 職人の手間賃が減る
  • 営業マンの訪問回数が減る
  • リフォームが二度手間にならない

 

リフォームをまとめることによって職人や営業マンが訪問する回数が減り、その分のコストを削減することができます。

また、水回りは耐用年数が同じくらいですので、ひとつの設備が壊れたら他も近いうちに修理が必要になる場合が多いです。近いうちに何度もリフォームをすることになるとその分てまになりますし、コストもトータルを見ると高くなってしまいます。

水回りはできるだけまとめてリフォームするのにこしたことはないでしょう。

 

水回りの交換は計画的に

水回りの設備は、長く使っているといつかは交換の時期がやってきます。

先にお伝えしたように、水回りはまとめてリフォームした方が費用はお得になります。さらに、マンションでのリフォームで気になるお隣さんへの迷惑も、工事が1回の短期間になるため軽減されるでしょう。

水回りのリフォームを考えている方は、ぜひまとめての施工を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です