冬を乗り切る!マンションで床暖房設置リフォームは出来るの?

寒い冬を快適に乗り切る手段として人気なのが床暖房です。お部屋をまんべんなく暖めることができる上に冷たい空気が下に溜まらないので、室温よりも暖かく感じることができる優れた暖房設備です。

戸建住宅だけではなく、マンションに住んでいる方の中にもお部屋に床暖房を設置したいと考えている方は多いと思います。

マンションには床暖房を設置することは出来るのでしょうか?また、設置する上での注意点は何かあるのでしょうか?

マンションに床暖房は設置できる?

マンションに床暖房を設置するには、大きく2つのことを確認しなければいけません。

  • ガスと電気の使用可能量
  • 床の張り替えが許されているか

この2つが特に問題ないようであれば、そのマンションでの床暖房リフォームは可能です。では、詳しく見ていきましょう!

 

ガスと電気の使用可能量

ひとつ目は、ガスと電気の使用可能量です。

床暖房にはガスを熱源とするものと電気を熱源とするものの2種類があり、どちらも使用量は大きくなります。マンションの管理組合に、床暖房によって使用量をオーバーしないかを確認してみましょう。

 

床の張り替えが許されているか

もうひとつは床の張り替えが許されているかです。

マンションには管理規約というものがあり、リフォームをするにしても入居者が自由に手を加えてよい場所や条件がマンションによってそれぞれ定められています。床暖房のリフォームをする場合、工事内容によっては床を張り替える作業が含まれます。

床の張替えが管理規約によって禁止されている場合は、床暖房の設置は厳しいかもしれません。

 

電気式床暖房と温水式床暖房

床暖房には電気式温水式の2種類があります。どちらを設置するかは各ご家庭の好みになりますので、メリットとデメリットをよく見て考えてみましょう。

電気式床暖房

電気式床暖房比較的安価に設置ができる床暖房です。床下に電熱パネルを敷くだけなのである程度決まった型があるので業者による成功失敗のムラが少ないです。工事も手軽に行えます。

しかし設置後のランニングコストは高くなるのと、一般的に温水式よりも立ち上がりが遅く部屋全体が温まるまで時間がかかるというデメリットがあります。

身体が触れている部分は熱を逃がしにくく、長時間触れ続けると熱くなりすぎて低温やけどの原因になることもあるので注意しましょう。

 

温水式床暖房

温水式床暖房は、使うと陽だまりのような自然な温かさになることで人気な床暖房です。立ち上がりが早く部屋をムラなく均一に温めることが出来ます。熱源は種類豊富で以下の3つがあります。

  • ガス
  • 電気
  • 灯油

 

長時間肌に触れていても接地面が高温になりにくいので安心です。ランニングコストが電気式より安く、10年以上使い続けるなら温水式の方が結果的に安くなります。

ただし初期費用が電気式に比べて高額になるのと、設置するには温水パネルのほかに熱源機の取り付けや温水を通す配管の施工も必要になり手間がかかります。

リフォームによる後付けが難しい場合もありますので、設置の際は注意が必要です。

 

マンションへの床暖房設置はよく確認してから!

床暖房は快適に冬を乗り切りたいときにとても魅力的な設備です。ますは信頼できる業者を見つけて相談し、必要事項はマンション側にしっかりと確認を取って進めていきましょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です