浴室・お風呂を移動させるリフォームの費用とポイント

「今ある場所だとお風呂が使いづらい」「お風呂が狭いから広くしたい」といった理由から、お風呂のリフォームを考える方もいるようです。このような場合、お風呂の場所を移動することによって使い勝手を良くすることが可能です。

では、お風呂を移動させるにはどんなリフォームをしたらよいのでしょう?また、費用はどのくらい必要なのでしょうか?

今回はお風呂の移動リフォームに必要な費用工事内容について、詳しくご紹介していきます!

 

お風呂の移動は可能なの?

結論から言うとリフォームによってお風呂を移動させるのは可能です。

しかし、お住まいが戸建なのかマンションなのか、またどんなお風呂をどれだけ移動させるのかによっては難しい場合があります。

 

移動リフォームの工事内容と費用

移動リフォームの工事内容

お風呂を移動するには、お風呂自体のリフォーム以外にもさまざまな工事が必要になります。具体的に、下記のような工事が行われます。

  • 既存のお風呂の解体
  • 基礎工事
  • 二重床の設置
  • 電気配線の工事
  • 給水管・排水管の工事
  • ガス管の移設
  • 内装工事

お風呂に限らず、水回りの移動をともなうリフォームはどれもこういった工事が必要になる場合が多く、工事の規模も大きくなります。

 

リフォームに必要な費用は?

お風呂の移動リフォームの費用相場 100万~250万円

 

お風呂の移動リフォームにかかる費用はご家庭によりさまざまですが、だいたいの相場は100万~250万円とされています。

お風呂を買い替えるか買い替えないかによって費用は大きく変わります。また、先ほどもお伝えしたように、お風呂の移動には単純なお風呂リフォームの他にも必要な工事がたくさんありますので、どうしてもその分費用が高くなってしまいます。

 

お風呂移動のポイント

では、お風呂の移動リフォームの際はどんな点に気を付ければ良いのでしょうか?

お風呂移動は設備の買い替えも一緒に

お風呂の設備は一度解体してから再度組みなおすと防水性が損なわれることがあります。特に長い間使い続けてきたお風呂は経年劣化による傷みもありますので、移動リフォームを機に買い替えを検討したほうが良いでしょう。

 

2階への移動は水漏れに注意

お風呂を2階へ移動したいという場合は水漏れに注意しなくてはいけません。2階で水漏れが発生してしまった場合、水が1階まで落ちてくると被害は大きなものになります。

水漏れのリスクを減らすにはお風呂をユニットバスで設置するのがおすすめです。

 

必ずバリアフリーにできるとは限らない?

もしも老後や介護を考えてのお風呂リフォームであれば、お風呂をバリアフリー化するのは必須だと思います。しかし、移動する場所によってはバリアフリー化できない部分が出てきますので注意しましょう。

例えば廊下と脱衣所の間や脱衣所と洗い場の間は段差無くフラットにしたいところですが、お風呂場を移動したことによって伸ばした配管に勾配が足りないと、勾配を確保するためにどうしても床を上げる工事が必要になります。こうなるとどこかに必ず段差ができてしまうことになりますので、配管をあまり遠くまで伸ばすのは難しい場合があります。

 

お風呂の移動はプロとよく相談を

お風呂の移動リフォームは設置が可能か、費用はどれくらいになるのかなど、素人目には判断が難しいところがあると思います。検討している場合は業者に家の状況や希望を伝えてよく相談するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です