【6ポイント】リフォーム業者の選び方と優良業者の見分け方を解説

 

リフォームの成功のために大切なのが業者選びです。今回は優良業者を見つけるコツをご紹介します。

 

リフォーム業者選びは内容で決める

リフォーム業者選びのポイントは、リフォームしたい内容と業者の得意分野を合わせることです。

増改築が必要な大規模リフォームは工務店や住宅メーカーに

部屋の増築やバリアフリー化など、家の間取りを変更する大がかりなリフォームをする場合、設計レベルで対応できる業者が必要になります。

住宅設計に関する知識や経験がない業者は、増改築によって発生する住宅の強度計算や使い勝手の調整ができません。大規模なリフォームを頼む場合、新築住宅を建設できる業者、つまり工務店や各種住宅メーカー、設計事務所から選びましょう。

小規模なリフォームは専門業者を頼ろう

お風呂を移設したい、コンセントを増設したいなど、分業が必要ない小規模なリフォームなら小さな工務店や専門業者がおすすめです。

専門で請け負っている分、住宅建築や大規模リフォームを手がける業者に比べて細かい部分まで融通がききます。

 

優良業者を見分け方6つ

それではここからは優良業者を見分けるポイントを見ていきましょう。

口コミの評判がよい

大きな工務店や有名住宅メーカーであっても、実際によいリフォームをしてくれるとは限りません。リフォームを頼む際は、必ず業者の口コミを調べましょう。自分と同じようなリフォームを依頼した人の口コミを参考にするのがポイントです。

アフターサービスや保証が充実度している

施工後の無料点検や問題が起きたときの対応など、アフターサービスが充実している業者は腕に自信をもっています。また、建設工事保険や請負業者賠償責任保険といった保険に加入しているかどうかもポイントです。

業界団体に所属している

小さな専門業者にリフォームを依頼する場合は、業界団体に所属しているところを選びましょう。業界団体に所属しているということは、業界共通のルールを守って活動していることの証です。逆に、業界団体に所属していない業者は、工事に必要な資格や許可等をもっていない悪質業者の可能性もあるので、十分に確認する必要があります。

余計なプランの押し付けがない

オプションや余計なリフォームプランの押し付けをしてくる業者は、売上重視なので細やかな対応を期待できない可能性が高いです。こちらの要望をきちんと聞いてくれる業者を選びましょう。

質問に丁寧に答えてくれる

質問したとき、担当者が面倒くさそうな素振りを見せず丁寧に答えてくれるかどうかもポイントです。見積もり作成時や施工前の相談時には、担当者の対応についてもチェックするようにしましょう。

見積もりや契約内容をきちんと書面にしてくれる

悪徳業者や手抜き工事をする業者は、契約内容を書面に残すことを嫌がります。逆に言うと、手抜き工事を防ぐ目的でも、契約内容・打ち合わせ内容についてはきちんと書面に残していただくように依頼しておいた方が安心です。

 

リフォーム業者選びは慎重に

リフォーム業者とひとくちにいっても、得意分野や施工実績は業者ごとにまったく違います。希望のリフォームが得意な業者をいくつかピックアップし、時間をかけて優良業者を選びましょう。

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です