ロフトの増築リフォーム!費用相場とメリット・デメリットを解説

ロフトはうまく活用できれば生活空間を広げられる、かつオシャレなスペースになります。例えば賃貸でもロフト付きの物件は多くみられ、気に入って入居を決める方もいらっしゃるようです。

また、ロフトは戸建住宅でも税金を増やすことなく増築が出来るリフォームになります。ロフトを作るのに費用はどれくらいかかるのでしょうか?また、ロフトにはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

今回はロフトを増築するリフォームについて、費用メリット・デメリットなどをご紹介します。

ロフトって何?

ロフトとは、一般的に天井の近くに作られた空間のことを言います。床から天井までの高さが十分にある部屋に作られることが多く、物置などの収納スペースとして使われることがほとんどです。お部屋の天井が低かったとしても、ロフトを部屋として使用することを考えず最初から収納スペースとして想定し天井を低く設計すれば作ることは可能です。

また、ロフトのスペースは建築基準法によって算出される法廷床面積に含まれず、これにより固定資産税の課税対象面積にも含まれません。つまり、固定資産税を増税させずに生活スペースを増やすのに有効な手段となります。

収納スペース以外では寝室子供部屋として活用されるケースもあります。

 

ロフトのメリット・デメリットは?

ロフトにはメリットもありますが、反対にデメリットもあります。よく見比べて、作る際の参考にしてみてください。

ロフトのメリット

ロフトのメリットには、例えば下記のようなものがあげられます。

  • 収納スペースを増やすことが出来る
  • 固定資産税を増やさずに住居スペースが広がる
  • 子ども部屋が必要になったときに使える
  • 間取りを変更せずにスペースを作ることが出来る

基本的に部屋を増築するよりも気軽に住居スペースを増やすことが出来ます。収納スペースとしてだけでなく、アイデア次第ではどんな風にも使えてしまうのが魅力です。

 

ロフトのデメリット

ロフトのデリットには、例えば下記のようなものがあげられます。

  • 熱や湿気がこもりやすい
  • 掃除が面倒
  • 使わなくなることがある
  • はしごの場合、昇り降りが危険

階段ではなくはしごを使って出入りするタイプのロフトも多いですが、はしごは階段に比べて転落のリスクが大きくなるので注意が必要です。また熱や湿気がこもりやすくなるので定期的に換気をするのと、収納として使う場合は湿気に弱いものを置くのはやめておきましょう。

 

ロフトの増築に必要な費用は?

ロフトの設置に必要な費用 50万~200万円

 

リフォームにかかる費用は施工面積によって変わってきます。

ロフトは、家に2階部分を増設するリフォームなどよりは、比較的安価に生活スペースを増やすことが出来るリフォームです。しかし、湿気対策で換気の設備をつけることも必要になる場合があり、そのようなときは費用が別途かかりますので注意しましょう。

 

ロフト上手く使って生活スペースを広く!

ロフトの増築によるメリットは大きいですが、一方で「やっぱり必要なかった……」と使われなくなっていきがちなものでもあります。

ロフトを作る際は本当に必要なのかをよく考え、シュミレーションしてから決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です