木造住宅の耐震補強リフォーム!内容と費用相場は?

日本はとても地震が多い国です。もし大きな地震が来てしまったとき、自分のお家が耐えられるのか不安という方もいるのではないでしょうか?

地震の際に被害を受けることが多いのは、特に古い木造の住宅です。では、具体的にどんなお家が耐震不足で、耐震補強リフォームとはどのような工事なのでしょうか?そして、費用はどのくらい必要なのでしょうか?

今回は木造住宅の耐震補強について、内容費用を詳しくお話していきます!

古い木造住宅はなぜ倒壊しやすい?

「木造住宅は倒壊しやすい」とひと口に言っても、すべての木造住宅がそうであるわけではありません。注意が必要なのは1981年以前に建てられたお家になります。

1981年以前に建てられたお家は旧耐震基準という基準に合わせてつくられており、もしも震度6以上の大地震が起きた場合に倒壊する可能性が非常に高くなっています。よって昔からあって特に耐震補強などをしていないお家は一度耐震補強を方が安全です。

その他にも、例えば下記のような様子が見られるかどうかで危険かどうかを判断できます。

  • 基礎がひび割れしている
  • 地盤が沈下している
  • お家全体が劣化している

 

もしこれらの項目に当てはまる部分があれは、お家には耐震補強リフォームが必要かもしれません。不安な方は一度業者に耐震診断をしてもらい、詳しく見てもらいましょう。

耐震診断の詳しい費用や内容については、こちらの記事を合わせてご覧ください。

 

木造住宅の耐震補強リフォーム内容

木造住宅に行う耐震補強リフォームの内容には、主に下記のようなものがあります。

基礎 基礎を補強し、土台とつなぎ合わせる
接合部 抜けたり外れていないかを確認し、つなぎ合わせる
補強したり、増設したりする
屋根 軽くする

これらの中から必要な工事を行い、家の耐震性を強化します

 

木造住宅の耐震補強リフォーム費用

耐震補強リフォームの費用はお家の状況によって大きく幅が出てきますが、約30万~100万円ほどが相場です。

耐震補強リフォームは傷んだ基礎や壁を補強するだけではなく、補強するためにむき出しにした部分を元に戻す工事も含まれます。よってこの元に戻すリフォームに思ったよりも費用がかかった、というケースも少なくありません。

費用が限られている場合は耐震診断で補強に優先順位をつけてもらい、優先順位の高い部分から取り掛かるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です