【徹底解説】おすすめトイレリフォームの種類と費用

トイレは毎日使うので快適な場所であってほしいですよね。スペース的には小さいイメージがあるトイレですが、生活の中で果たす役割はとても大きなものです。

最近はライフスタイルに合わせて、さまざまなトイレを選べるようになりました。今のトイレに気になる部分があるなら、これを機にリフォームしてみるのもいいかもしれません。

トイレのリフォームはどんな内容で、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?今回はそんなトイレリフォームについて、詳しくお話します!

 

トイレリフォームの内容

トイレリフォームで出来ることは実はたくさんあります。自分の理想やライフスタイルに合わせて内容を検討してみましょう。

  • 便器の交換
  • ウォッシュレットを設置
  • 手洗い場の設置
  • バリアフリー化
  • 内装のリフォーム

では、これらの内容をひとつひとつ見ていきましょう

 

便器の交換

和式トイレから洋式トイレへの変更古くなった便器の変更などは「トイレのリフォーム」と聞いたときに最もイメージされる内容だと思います。

トイレのタンクや便器はとても頑丈なので、強い衝撃で傷ついたりしていない限りは何十年でも使用できます。しかし、内部の部品が経年劣化を起こすので10年~15年ほどで交換するのが目安とされています。

最近の便器は進化しており、交換により節水が出来たりお手入れが簡単になったりします。交換の機会が出来たら便器を最新機能つきのものに変更しても良いでしょう。

 

ウォッシュレットを設置

ウォッシュレットは単体でも手に入れることができる電化製品で、専門家でなくとも取り付けることは可能です。工事を頼まない分費用を抑えて設置することができますが、取り付け方を間違うと水漏れに繋がるので注意しましょう。

また、ウォッシュレットを使用するには基本的に電源が必要になります。これまでのトイレにウォッシュレットがなく、トイレ内に電源が設置されていない場合はコンセントを新たに作る必要があります。

TOTO トートー ウォッシュレット TCF8GK33 (#NW1) ホワイト Kシリーズ 貯湯式 温水洗浄便座 セルフクリーニング やわらか洗浄 オートパワー脱臭 送料無料
温水洗浄便座 ウォッシュレット TCF8GM33 (#SC1) パステルアイボリー KMシリーズ 瞬間式 (プレミスト/きれい除菌水/たっぷリッチ洗浄) TOTO/トートー

コンセントの有無は前もって確認しておきましょう。

 

手洗い場の設置

タンクありのトイレであれば、タンクの上から水が出てそこで手を洗うことができます。しかし、リフォームによりタンクなしのトイレに変更する場合は手洗い場をどうするかという問題が出てきます。

トイレのそばに手を洗える場所がある場合は、トイレ内の手洗い場は必要ないように感じるかもしれません。しかしノロウイルスなど感染症のシーズンになったときに拡大を抑えるためにはトイレ内に手洗い場があることがベストです。

【YL-DA82SCHB】床排水・床給水 コフレル トイレ手洗 スリム(壁付) 300サイズ ハンドル水栓 キャビネットタイプ【YLDA82SCHB】LIXIL リクシル INAX イナックス 手洗い器 トイレ(F)【メーカー直送】【代引不可】
created by Rinker

 

バリアフリー化

手すりを設置したり、つまずきや転倒を防止するため床の段差をなくすなど、トイレをバリアフリー化することで使う際の足腰の負担を減らすことができます。

また、高齢になると家で過ごすことが多くなるのと同時にトイレに行く回数も増えるので、可能ならば寝室近くの使いやすい場所に設置しましょう。

シロクマ どこでも手すりL形 32×600×400mm [ 手すり 手摺 玄関 階段 廊下 トイレ 洗面所 浴室 風呂 屋内 転倒防止 介護用品 福祉用品 医薬品・コンタクト・介護 福祉・介護 歩行関連用品 手すり(廊下・階段等用)]
created by Rinker

 

内装のリフォーム

トイレのリフォームといえばタンクや手洗い場のイメージが先行しがちで、意外と見落とされているのが内装です。トイレを入れ替えるのであれば、ついでにクロスや床も変えてしまえば印象はガラリと変わります。

トイレの内装につかう材質で大切なのはアンモニア・水・洗剤に強いかということです。これらに強い材質を選ぶことで掃除のたびに腐食するのを抑え、内装を長持ちさせることができます。

綺麗にするための掃除で内装を傷つけてしまうのは悲しいですよね。トイレを含めた水回りは特に湿気に気を付けて素材を選びましょう!

 

トイレリフォームにかかる費用は?

トイレのリフォームにかかる費用は、便器のグレードもとからどれだけ変えるかなどによって大きく変わってきます。

便器の交換費用 5万円
ウォッシュレットの取り付け費用 7000~1万円
手洗い場の設置費用 6万~10万円
バリアフリー化リフォーム費用 2万~20万円
内装のリフォーム費用 5万円

 

費用を抑えたいという際は、業者に節約したいという要望を伝えると予算内の提案をしてくれることもあります。コストを抑えてトイレリフォームを成功させるポイントは、何のためにトイレをリフォームするかというのを明確にすることです。

今の悩みの解決に直接かかわる部分のリフォームは、なるべく削らずしっかりを行うようにしましょう!

 

トイレリフォームはライフスタイルに合わせて!

ご家庭や個人によってライフスタイルはさまざまです。リフォームの際はトイレがどうなったらもっと快適になるかをよく考えて内容を検討してみましょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です