リフォームに関するお得な情報が満載!費用や相場の情報もまとめています!

2019.10.03|知識

ロフトをより快適に!はしごを階段に変えるリフォーム

屋根を高くして部屋を二層構造にするロフトはオシャレに見えるため、憧れる人も多いのではないでしょうか。上手く使うと部屋の収納になったり、寝室などの部屋として活用できます。

しかし、そのロフトに上がるための「はしご」に不満を持っている方は少なくないようです。今回はロフトへの上り下りをより快適にするためリフォームについてご紹介します。

a

ロフトを増築するリフォームについてはこちらもあわせてご覧ください。

 

ロフトのはしごは怖い?

「ロフトのはしごは怖い」という意見

家やマンションのロフトは収納として使ったり部屋として使ったりと、ご家庭の数だけ活用方法がある魅力的なスペースです。上り下りの際に怖いと感じる方も多いようです。特に子どもにとっては何だか秘密基地のようで、遊び場として使っている方も多いのではないでしょうか。

しかしそのロフトへ上がるためのはしごに「怖い」と感じる方は少なくないようです。ロフトについているはじごは小さくて急なことが多いため、使いづらかったり足を踏み外しそうになったという声もあります。

はしごは省スペースでも安全面に不安が

特にせまい部屋に設置されているはしは急勾配になりがちで、子どもお年寄りにとっては上りづらく危険です。転落して事故につながったケースもあります。

そんな時に有効なのがはしごを階段に変えるリフォームです。階段に変えると比較的上り下りが楽になり、安全性のアップも見込めます。また、ただの階段ではなく収納スペースとしての機能を持つ階段を設置することで利便性はさらに増します。

a

ロフトのはしごを階段に変えるにはどれくらいの費用が必要なのでしょうか?また、階段の活用にはどのような事例があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

 

ロフトのはしごを階段に変えるリフォーム

はしごを階段に変える

はしごを階段に変える 30万~50万円

 

はしごを階段に変えるだけで、ロフトへの上り下りが格段に楽になるだけでなく安全性も高まります。また、最近では互い違い階段など省スペースでも設置できる階段も出てきているため、それほど部屋を圧迫せずに階段を設置することもできます。

a

どんなはしごにするかは使えるスペースや好み、安全性、部屋との調和なども合わせて考えてみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ユーディーホーム株式会社さん(@udhome)がシェアした投稿

 

はしごを収納付きの階段に変える

はしごを収納付きの階段に変える 30万~60万円

 

ロフトのはしごを収納つきの階段に変えると、安全性のアップと同時に部屋の収納スペースを増やすことができます。また、デザイン性の高い階段にすることで、部屋の中の存在感のあるインテリアとしての役割も果たせます。

a

収納だけでなく、としても使える造りになっているとまた違った使い方ができて便利です

 

この投稿をInstagramで見る

 

痛快!ケンノンワールドへようこそ!!さん(@shibainu_kenta_nonta)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

女性専用アパートPRIMAのアパート経営さん(@prima_traditional_apartment)がシェアした投稿

 

ロフトの階段はDIYでも設置可能

今では日曜大工レベルの技術があればDIYで取り付けられる、比較的簡単に設置可能なロフトの階段も出ています。少しの手間で「上り下りが怖い」「寝ぼけていると足を踏み外しそう」といった不安を改善できる手段ですので、自信のある方は検討してみてもいいかもれません。

 

ロフトを有効活用するために

ロフトはおしゃれで便利なスペースですが、実際には使い勝手の悪さからただの物置と化してしまうケースも多いです。上り下りのしやすさはそんなロフトの使い勝手に大きく関わってくる部分ですので、十分に検討しましょう。

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください!
詳しくはこちら!

あなたにぴったりのリフォーム会社を探す!