リフォームに関するお得な情報が満載!費用や相場の情報もまとめています!

2019.10.10|お得にリフォーム

コンロ周りに便利なキッチンパネル!交換リフォームの費用相場は?

キッチンの壁は油や水が飛び散り汚れやすい部分です。特にコンロ周りは頻繁に汚れるため、従来のキッチンでは火や油に強いタイルが使われてきました。

しかし、最近そんなタイルに代わる素材として注目されているのがキッチンパネルです。キッチンパネルはタイルのデメリットを考慮して開発されました。

a

今回はそんなキッチンパネルについて、特徴交換に必要な費用について解説していきます!

壁面にもってこい!「キッチンパネル」とは?

キッチンパネルとは主にキッチンのコンロ周りに取り付ける壁面パネルです。ウォールパネルとも呼ばれており、主に下記のような素材が使われています。

ステンレス 比較的安価で熱や腐食に強く、手入れが楽なのでよく使われている。色はシルバーでシックなデザインに合う。ただし、傷や薬品には弱い。
アルミ 安価で低温に強く、手入れが楽。ステンレスよりも光を反射しキッチンが明るい印象になる。磁気を帯びないという特徴がある。
ホーロー アルミや鉄などの金属にガラス質の釉薬を焼き付けたもの。金属とガラスの良さを持ち合わせている。表面に光沢があり、他の素材よりも高級感がある。耐熱温度800度と耐熱性に優れており、火や傷に強い。ただし、施工が難しく費用が高い。
メラミン化粧板 メラミン樹脂を浸して含ませた薄紙を表面に重ねたパネル。デザインが豊富で耐久性や耐水性に優れており、手入れがしやすい。施工も簡単なため一般的家庭でよく使われている。

 

コンロ周りの過酷な環境に強いよう作られているため、耐久性は非常に高くなっています。また油汚れが付きにくい素材で出来ており、設置する際に目地(タイルなどを張るときにできる繋ぎ目)を取る必要もないため、手入れが簡単にできるという特徴があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

株式会社 ベルハウジング リノベーション事業部さん(@bellhousing.renovation)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

井田産業さん(@idasangyo.14)がシェアした投稿

a

キッチンパネルにどんな機能を求めているか、またどんな部分をこだわるかによって選んでいきましょう。例えばお家のキッチンがガスコンロなのかIHなのかによってもキッチンパネルに必要な機能は若干違ってきます。

 

キッチンパネルの交換リフォームの注意点

キッチンパネルを交換する上で注意したいのは、リフォーム中キッチンが使えなくなるのを忘れないことです。工事が始まってしまうと完成するまでキッチンは使えなくなりますので、リフォーム会社との事前打ち合わせでいつどれくらいの日数になるのかを確認しておきましょう。スケジュールが分かればあらかじめ対処法を考えることが出来ます。

キッチンは毎日使う場所ですので、キッチンパネルをデザインだけで選んでしまうと後から不便に感じることがあるかもしれません。キッチンパネルは機能性とデザイン性のバランスを考えましょう。

 

キッチンパネルの交換に必要な費用

キッチンパネルの張り替えに必要な全体の費用は、パネルの本体価格に工事費を加えた費用になります。パネルの本体価格と工事費から見る全体の交換費用は下記の通りです。

キッチンパネル本体の価格相場 3万~4万円
工事費用の相場 2万~3万円
交換リフォーム全体の費用相場 5万~7万円

 

キッチンパネル本体の価格は多く使われているメラミン化粧板のものでおおよそ2万円で、それ以外だとアルミやステンレスなら比較的安価に、ホーローだと逆に高価になります。また、キッチンパネルは厚みが増すごとに費用も高額になる傾向があります。

a

どの素材にするかは自分の予算と相談してみましょう!

 

キッチンパネルの交換リフォーム費用を抑えるには?

キッチンパネルの交換を業者にたのむ場合、費用を抑えるなら複数の業者から相見積もりをとって比べるのが大切になります。業者に相見積もりをとると費用の相場感が分かるだけでなく、対応が丁寧で分かりやすい業者を見つけることが出来ます。

また工事費は業者によってバラバラで、おおよその相場はありますが定価はありません。あまりにも相場から離れている場合は理由をちゃんと聞いて不安を無くすようにしましょう。

a

信頼できる業者に適正な価格でリフォームしてもらうことが総合的にもっとも安いリフォームと言えるので、業者の選定はしっかりと行いましょう。

 

DIYで安く抑える

キッチンパネルは知識や道具があればDIYでも交換することが出来ます。まず、DIYに必要なものは下記の通りです。

  • キッチンパネル本体
  • 両面テープ
  • 専用接着剤
  • マルノコ
  • アクリルカッター
  • 定規
  • 紙やすり
  • コーキング剤
  • コーキングガン

 

DIYの手順はまずキッチンパネルをご自宅のキッチンの形に合うように切断し、もともとのパネルやタイルの上から専用の接着剤で貼り付けます。水がかかりやすい場所にはコーキングも行いましょう。

キッチンには水栓やガス栓が通っていますが、それらがキッチンパネルを設置する壁面にある場合はそれを避けるようにパネルを切らなければいけません。また、壁の状態によっては貼り付ける前に壁を剥がさなければいけない場合もあります。

created by Rinker
¥2,640 (2019/11/19 18:01:16時点 楽天市場調べ-詳細)
a

DIYにするか、初めから業者に頼むかはよく考えましょう

 

キッチンパネルで快適なキッチンの実現を!

キッチンパネルを取り付けることで、キッチンの見た目の印象が変わるだけでなくお手入れのしやすさも格段に変わります。毎日使うキッチンをより快適にしたいという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください!
詳しくはこちら!

あなたにぴったりのリフォーム会社を探す!