リフォームに関するお得な情報が満載!費用や相場の情報もまとめています!

2019.12.12|事前準備

何が必要?災害に備える家づくりのポイント

日本は地震や台風が比較的多い国です。安心して暮らしていくためにも、このような自然災害への対策はしっかりしていきたいですよね。災害対策にはまず住まいの安全性を見直すことが大切です。

a

災害に備える家とはどのような家なのでしょうか?

自分の家にはどんな災害リスクがあるのか

「災害に備えよう!」と思った、まずは自分の家にどんな災害リスクがあるのか知ることが大切です。例えば地震が起こった際の被害は揺れだけではなく、家の場所によっては土砂崩れや津波などに巻き込まれる可能性も考えられます。

このように家によってどのような災害が想定されるかはさまざまで、対策するにはまず自分の家に起こる可能性のある災害を把握する必要があります。自宅の災害リスクは市区町村などが公表している下記のような災害情報を見ることで確認できます。

  • 洪水ハザードマップ
  • 火山防災マップ
  • 洪水浸水想定区域図
  • 津波浸水想定区域図
  • 土砂災害警戒区域図
a

自分の家のことだけでなく、いざというときの避難場所まで確認しておきましょう!

 

災害に対するお家の備え

定期的な家のメンテナンスは対策の基本

家を含めたすべての建物は建った瞬間から劣化が始まります。特に屋根外壁は一年中雨や風にさらされるので劣化が早く、放っておくと徐々に耐久力が落ちていきます。このように劣化した状態の家が地震や台風の被害を受けてしまうと、倒壊や雨漏りなど被害が大きくなりやすいです。

本来は家としての寿命を延ばすために行われる修繕工事ですが、定期的なメンテナンスを欠かさず家を良い状態に保つことは災害対策にもつながります。

a

外壁のメンテナンスについてはこちらの記事も合わせてご覧ください!

 

地震の揺れを軽減できる屋根材の使用

家の耐震性を大きく左右するのが屋根の重さです。屋根は家の一番上にありますので、屋根が重いと家が揺れたとき壁や柱などに大きな負荷を与えることになります。家の耐震性を上げるには壁や柱を強化するか、丈夫で軽い屋根材を使用すると良いでしょう。

軽くて丈夫な屋根材とされているものには、スレートガルバリウム鋼板などの種類があります。また、屋根材を変えることで家そのものの耐久性が上がる場合もあり、上手く行えば一石二鳥の効果が得られます。

a

屋根材についてはこちらの記事も合わせてご覧ください。

 

飛散物から身を守る窓ガラス

台風による強風はあらゆるものを吹き飛ばします。「隣の家の自分の家まで飛んできた!」ということもあり、さらに危険なのがこのような飛散物が窓ガラスに激突し割れたガラスが飛散してしまうケースです。このような事態を未然に防ぐには台風の前に家の周りにある吹き飛びやすいものをしまう他、万が一飛散物が窓ガラスに飛んできたとしても割れないガラスを使用するといいです。

割れにくい窓ガラスには防犯ガラスがおすすめです。空き巣対策でバールなどの道具を使っても割れにくいように作られているため、飛散物に対しても高い防御力を発揮します。

a

強風時の飛散物から身を守れるだけでなく、家の防犯性も上がるので一石二鳥です!

 

家具が転倒しない工夫をする

地震被害で多いのが揺れによる家具の転倒です。家具が転倒すると下敷きになったり家から逃げるのが困難になったりととても危険ですので、万が一に備えて家具が転倒しにくい室内を作っておきましょう。

  • 家具を壁に固定する
  • 棚から食器が飛び出してこないようにする
  • 入り口付近に倒れやすい家具を置かない
  • 万が一倒れても通路をふさがない向きで配置する
a

そもそも転倒するような家具を部屋に置かなくてもいいよう、リフォームによって収納を増やす方法もあります。収納リフォームについてはこちらの記事も合わせてご覧ください!

 

二次災害への備え

二次災害とは?

地震による倒壊や台風による破損や水没を住宅への「一次災害」というのに対し、台風や地震から派生してライフラインがダメージを受けるなど被災した後に受ける被害「二次災害」と言います。近年はこちらの二次災害によって、被災地が追い打ちをかけられるように生活が困難になる事態も目立ちます。

a

災害に備えることを考えるなら、こうした二次災害について考えることも必須と言えるでしょう。

 

太陽光発電は停電時の強い味方

太陽光発電は、昼に発電した電気を夜間に使って電気代を浮かせたり、使いあました電気を電力会社に売ることが出来ます。電気代の節約副収入を得る手段として注目されていますがメリットはこれだけでなく、停電のときにも心強い味方になります。

停電時には太陽光発電を自立運転モードに切り替え、自立運転用コンセントを使用することで家電を使えるようになります。

しかし、注意しなければいけないのは太陽光発電の非常電源を使ってもすべての家電を通常と同じように使えるわけではないということです。非常電源は最大でも1500Wしか使えないため、使用できる家電には制限がかかります。また、雨天や夜間などソーラーパネルでの発電ができないときは電源の使用ができなくなります。

a

太陽光発電は停電時の強い味方ですが、停電被害の全てを解決できるわけではないことだけ覚えておきましょう。太陽光発電についてはこちらの記事も合わせてご覧ください。

 

災害に備えた家づくりでより安心な生活を!

多くの人にとっては、1日のうち最も多くの時間を過ごすのが自宅です。その自宅の安全性が守られていることは生活する上で大きな安心につながります。

近年は大規模な地震や台風の発生が目立ち、防災意識がより一層高まっています。これから家を建てる方、家をリフォームなどによって見直していくことを考えている方は、災害対策について考えてみるのも良いのではないでしょうか?

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください!
詳しくはこちら!

あなたにぴったりのリフォーム会社を探す!