リフォームに関するお得な情報が満載!費用や相場の情報もまとめています!

2020.03.16|知識

「タイル」で外壁リフォーム!メリット・デメリットや費用を紹介

外壁を綺麗に保つためには定期的なメンテナンスが必要です。外壁と言ったら塗装やサイディングの張替えなどが一般的ですが、タイルを使ってリフォームする方法もあります。

a

今回は外壁材のひとつであるタイルについて、素材の特徴やメリット・デメリット、施工に必要な費用などについてご紹介します!

外壁タイルとは?

外壁タイルとは、粘土や石を混ぜて高温で焼き上げることでできる外壁材です。豊富なデザイン性からさまざまな住宅に対応でき、複数のタイルを組み合わせて使うこともできるのでアレンジに幅を持たせることができます。

また耐久性も高く劣化や変色がほとんど見られないので、メンテナンスが簡単な優れた外壁材としても注目されています。

a

日本でも古代から使われている、耐久性が高く見た目も美しい外壁材です!

 

外壁タイルのメリット・デメリット

外壁タイルのメリット

外壁タイルのメリットには下記のようなものがあります。

  • 耐久性が高い
  • デザインが豊富でアレンジに幅がある
  • 高級感や重厚感がある

 

タイルは耐久性が非常に高く、紫外線や雨風など外壁劣化の原因となる環境に対して劣化することがほとんどありません。傷や汚れにも強い特徴があるので、メンテナンスのしやすい丈夫な素材と言えるでしょう。

また、タイル自体のデザインも豊富で組み合わせによってアレンジにも幅ができます。自然素材からできているタイルは独特の美しさがあり、古代から多くの建物に使われているなど歴史も長いです。

a

建物の古さも重厚感や高級感でカバーできます!

 

外壁タイルのデメリット

一方、外壁タイルのデメリットには下記のようなものがあります。

  • タイルの接着面は劣化するためメンテナンスが必要
  • 施工費用が比較的高額

 

「タイルの外壁はメンテナンスフリー」と聞いたことがある方もいるかもしれませんが、厳密にはメンテナンスは必要です。タイル自体は耐久性が高く半永久的に使い続けることができますが、タイルの接着面は劣化するため約10年周期でメンテナンスが必要になりますので注意しましょう。

また、タイルを使用する外壁リフォームの費用は他の外壁リフォームに比べると高額になります。

a

タイル自体が丈夫だからとメンテナンスを怠ると、タイルが剥がれて落下するなどの事故につながることもあるので注意しましょう。

 

外壁タイルの施工に必要な費用

全面タイル張りの家が少ないことから分かるように、メリットの多いタイルの外壁リフォームにおいて大きなデメリットになるのは費用面です。他の外壁メンテナンスと比べると、おおよその施工費は下記のようになります。

タイル 約1万3,000~3万5,000円/平方メートル
塗装 約2,000~5,000円/平方メートル
サイディング 約4,000~1万2,000円/平方メートル

 

こちらの金額に必要な足場代養生費などを追加した金額が工事費になります。

外壁にタイルを使おうとすると初期費用はおおよそ300万円になると言われていますが、その分初期費用とランニングコストをよく見て、メリットがありそうなら検討してみましょう。

a

タイルの外壁リフォームは高額になりがちです。お得に納得のいくリフォームを実現するには業者選びが重要になりますので、複数社から相見積もりをとってよく選ぶようにしましょう。

 

外壁タイルは長い目で見るとお得で綺麗!

タイルの外壁は初期費用だけ見ると高額に感じますが、メンテナンスや耐久性を長い目で見るとお得な外壁素材にもなります。またデザイン性に非常に優れているので、お家の外観にこだわりのある方にもおすすめです。

気になる方はメリット・デメリットをよく見て、自宅の外壁に合っているかを検討してみましょう。

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください!
詳しくはこちら!

あなたにぴったりのリフォーム会社を探す!