リフォームに関するお得な情報が満載!費用や相場の情報もまとめています!

2019.09.10|知識

【徹底解説】床をフローリングに!木材の種類や張り替えリフォームの費用相場は?

床をフローリングにしたい、または傷んだフローリングを新しくしたいと考えている方もいるのではないでしょうか?フローリングは張り替えリフォームによって新しくすることができます。

では、フローリングを張り替えるにはどのくらい費用が必要なのでしょうか?また、使用できるフローリングにはどのような種類があるのでしょうか?

a

今回はフローリングの種類張り替えに必要な費用についてご紹介します!

無垢フローリングと複合フローリング

まず、フローリングには大きく分けると下記の2種類があります。

  • 無垢フローリング
  • 複合フローリング
a

まずはこの2つの違いを見ていきましょう

無垢フローリング

無垢フローリング無垢材や集成材を使用したフローリングです。単層フローリングとも言われています。

無垢フローリングのメリット 質感や肌ざわりが良く、柔らかいので足への負担が少ない。素材や木目によるバリエーションが豊富。経年劣化すると味わいが深くなり、傷がついてもその部分を削って補修することで長期間美しい床を保つことができる。木が持つ自然の調湿機能がある。香りがよく心地の良い空間ができる。
無垢フローリングのデメリット 傷に弱くこまめな手入れが必要。木目がバラバラなので統一感を出すのが難しい。複合フローリングよりも高額。
a

無垢材のフローリングは主に古民家の床に多く見られますが、床にこだわりがある方にも人気です

 

複合フローリング

一方、複合フローリング合板や集成材などの上に天然木や特殊シートを貼ったフローリングです。一般的な住宅で使われているのはこちらのフローリングになります。

複合フローリングのメリット 湿気による反りや収縮がない。耐衝撃、耐摩擦、防音、抗アレルゲンなどの工夫がされた商品が開発されている。塗装のパターン次第でデザインが豊富。
複合フローリングのデメリット 傷がつくと補修が難しい。無垢材のように湿気を調節する機能はない。

 

複合フローリングは表面に使われている素材によってさらにの3種類に分かれます。

天然木を2mmほどの厚さに切り出して基材に貼り合わせた「挽き板」、~1mmほどの厚さにスライスした突き板を基材に貼り合わせた「突き板」、木目模様をプリントしたシートを基材に貼り合わせた「シート」の3つです。

a

表面に貼る天然木が厚めだと、より無垢材のような風合いに近づきます

 

フローリングの素材の種類

a

無垢フローリングに使われる木材にはさまざまな種類があります。見た目だけではなく、機能性にも違いが出てくるのでよく選びましょう。

 

フローリングの素材①:ウォールナット

ウォールナット深みのある色の木材で、衝撃に強く耐久性が高いです。家具などにもよく使われています。重厚感のある木目が特徴で、落ち着いた部屋を作りたいときにおすすめです。

 

フローリングの素材②:オーク

硬く耐久性に優れているためフローリングや家具、洋酒の樽などにも使われている木材です。木目がきれいで明るい色合いをしているのが一般的です。

 

フローリングの素材③:チーク

チーク硬くて害虫に強く耐久性耐水性に優れている素材です。収縮が少ないことから船の甲板などにも使われている強度の高い木材です。床として長く使っていけます。

 

フローリングの素材④:メープル

メープル硬くて丈夫で、曲げや圧縮強度にも強い木材です。高級感のある明るめで白っぽい色が特徴です。ナチュラルな雰囲気の部屋にはぴったりです。

 

フローリングの素材⑤:スギ

スギは加工しやすく、家具などにも使われている日本人にはなじみのある木材です。肌ざわりが柔らかく保湿性があるのが特徴です。

 

フローリングの色

フローリングの素材と一緒に考えたいのがフローリングの色です。床は壁と同じく部屋の中でも大きな面積を占めますので、床の色は部屋全体の印象に大きな営業を与えます。

a

ここからはフローリングの色別に与える印象メリット・デメリットをご紹介します。

 

フローリングの色①:ナチュラル

 

この投稿をInstagramで見る

 

nao.ugさん(@nao.ug)がシェアした投稿

ナチュラルはもっとも無難な色で、色選びに迷ってしまったらナチュラルにすると失敗が少ないでしょう。温かみがあり明るい色で、他の家具やカーテンなどの色を合わせやすいのが特徴です。

ただ、無難でたくさん使われているからこそ安っぽく見られてしまうことがあるので注意しましょう。

 

フローリングの色②:ホワイト

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆akeさん(@888akk)がシェアした投稿

ホワイトのフローリングには全体を明るく見せ部屋を広く感じさせる効果があります。また、落ちているゴミや髪の毛がよく見えるので掃除がしやすいところもメリットになります。

しかし、掃除をしないとすぐに汚れて見えることや傷が目立ってしまう点には注意が必要です。

 

フローリングの色③:ダーク

 

この投稿をInstagramで見る

 

re:novさん(@renovkobe)がシェアした投稿


ダーク系のフローリングは部屋を落ち着いた雰囲気にしてメリハリのある印象を与えます。重厚感のある家具やインテリアによく合うでしょう。また、髪の毛や汚れがある程度目立たないこともメリットです。

だだし、白っぽいホコリは逆に目立ってしまうことや、組み合わせによっては部屋が暗くなりすぎてしまう部分には気を付けましょう。

 

フローリングの張り替えに必要な費用は?

リフォームの種類別張り替え費用相場

フローリングの張り替えに必要な費用は、既存の床の状態などによって変わってきます。具体的な相場は下記の通りです。

フローリングからフローリングにリフォーム 10万~20万円(8畳)
畳からフローリングにリフォーム 17万〜20万円(8畳)
クッションプロアからフローリングにリフォーム 10万〜22万円(8畳)

 

一般的に複合フローリングへの交換よりも無垢材フローリングへの交換の方が高額に、また部屋が広ければ広いほど高額になります。

a

どこまでフローリングにこだわるかは予算と相談して決めていきましょう

 

費用を抑えたフローリングのリフォームには上貼りがおすすめ

フローリングを変えたいけど費用は出来るだけ抑えたいという場合は、張り替えではなく上貼りという方法を使うこともできます。

上貼りとは既存のフローリングの上から専用の薄いフローリング材を重ねて貼っていく方法で、既存の床をそのまま使用するので解体の必要が無く費用を抑えることができます。

a

床の下地が腐食していたりする場合は使用できず、張り替えの必要があるので注意しましょう。

 

よく選んで満足のいく張り替えリフォームを!

フローリングはさまざまな要素によって費用が変わります。さらに施工をたのむ業者によっても仕上がりが左右されることがありますので、業者選びも念入りに行いましょう。

a

業者選びについてはこちらの記事も合わせてご覧ください!

a

エースタリフォームではお客様にあったリフォーム業者を無料でご紹介いたします。
リフォーム工事完了まで担当オペレーターがサポートするので安心です!
また、一級建築士アドバイザーも常駐しております。 業者紹介だけでなく、リフォームに関することならお気軽にご相談ください!
詳しくはこちら!

あなたにぴったりのリフォーム会社を探す!