バルコニーのリフォームに必要な費用と安くするポイント

「せっかくのバルコニーをもっと有効活用したい!」とお考えの方もいるのではないでしょうか。バルコニーは工夫次第で部屋の延長として使えたり、洗濯物を干すスペースが出来たりと非常に便利です。お持ちのバルコニーをもっと快適に使いたいのであれば、リフォームしてしまうのも良いでしょう。

リフォームを考えたとき、まず気になるのが費用面だと思います。バルコニーのリフォームにはどれくらいの費用が必要になるのでしょうか?

バルコニーのリフォームに必要な費用相場は?

バルコニーリフォームの費用相場は約10万〜100万円と幅広くなっています。細かな内訳は以下の通りです。

手すりの取り付け・フェンス交換 約5万〜20万円
屋根の取り付け 約10万〜20万円
バルコニー床の防水 約10万〜20万円
バルコニー床のタイル敷き詰め 約20万円
バルコニー新規取り付け 約30万〜50万円
サンルーム設置 約40万〜100万円

バルコニーのリフォームは内容バルコニーの広さ材質などによって変わってきます。

 

バルコニーリフォームの費用を安くするのは「早めのメンテナンス」

雨風にさらされるバルコニーは耐久性の低下汚れ腐食が進みやすい部分です。にもかかわらず、水回りやリビングなどに比べてリフォームやメンテナンスを後回しにされがちです。

劣化が進んだ状態でリフォームを行おうとすると、建材の交換などによる追加費用が発生し、高額になってしまいます。劣化が進む前に早めのメンテナンスやリフォームを行ったほうが結果的に費用を安く抑えることができます。

複数の業者に見積もりをお願いすることも大切です。相見積もりを取ることで工事の適正価格を知ることができます!

 

バルコニーリフォームによってデッドスペースを有効活用できる

せっかくバルコニーがあっても普段は使っていない、またはちょっとした洗濯物を干すスペースとして使っているだけという家庭も多いのではないでしょうか。

リフォームを行ってバルコニーの状態や居心地を良くすることで、ガーデニング家庭菜園を楽しんだり、お茶や日光浴をする憩いの場としてデッドスペースを有効利用することができます。

 

注意点は建築確認申請の有無

元々は設備とみなされているバルコニーですが、屋内の部屋として作り変えるリフォームを行う場合は居室とみなされて増築扱いになり、建築確認申請(建物が建築基準法などに適合しているかの確認を申請すること)が必要になることがあります。

また、比較的低価格で済むバルコニーリフォームも、デザインや材質にこだわりすぎると思いのほか高額になってしまうことも。おおよその予算を決め、それに沿った材質やリフォーム内容を信頼できるリフォーム業者にしっかりと相談して納得した上でリフォームを行うことが大切です。

業者を探す方法として、複数の業者から相見積もりを取って比較する方法があります。見積もりを見るポイントは下記の記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です