浴室リフォームの費用相場・安く抑えるポイント

「浴室が寒い」「もっと機能を増やしたい」「使いやすくしたい」など、さまざまな理由から浴室のリフォームを考える方はいるかと思います。リフォームを考えたとき、真っ先に気になるのが費用ですよね。

今回は浴室リフォームの費用相場、そしてメリット注意点をお話します!

 

浴室リフォームは短期間で済むことがメリット

ユニットバスのリフォーム工事は、浴槽の交換だけであれば1日ユニットバス全体のリフォームは4日ほどといったように基本的に短期間で済みます。

一方、在来工法の浴室からユニットバスへリフォームする場合は1週間ほどかかるケースが一般的です。その間は浴室を使えないので不便ですが、近所の銭湯などを利用するといいでしょう。

家族構成の変化に応じて、短期間かつコストを抑えて浴室を新しくしたいならリフォームがおすすめです。

 

浴室リフォーム費用の相場は50万〜150万円

浴室のリフォームにかかる費用の相場は下記のようになっています。

ユニットバスの交換 50万〜100万円
在来工法の浴室からユニットバスへの交換 100万円~
浴室暖房・浴室乾燥・給湯器などの設置 約30万円
浴槽のみの交換 約50万円
浴室バリアフリー工事
(手すり設置・床の施工のみ)
約20万円

 

浴室のリフォームに必要な費用は多くが工事費とユニットバスの本体代の合計で、既存の浴室が在来工法なのかユニットバスなのか、またユニットバスのグレードなどによって価格は大きく変わっています。

浴室のリフォームにはおおまかの相場はありますが、これと決まった定価はありません。リフォームの際は相見積もりをとって各業者をよく比較しましょう。

 

浴室リフォームを安く抑えるポイント

補助金を利用する

浴室リフォームの内容によっては補助金を申請できる場合があります。例えば浴室を下記のようにバリアフリー化する場合、補助金制度を利用できる可能性があります。

  • 浴室内に手すりを設置する
  • 浴室と脱衣所の間の段差を取り払う
  • 床を滑りにくい素材に変更する
  • 浴室や浴槽の断熱性を高める

これから考えているリフォームが補助金の対象になるか、詳しくは自治体の補助金制度を見てみましょう。

 

ハーフユニットバスを利用する

在来工法の浴室からユニットバスへリフォームする場合は費用が高くなりがちです。そんなときはユニットバスと在来工法の浴室、それぞれの魅力を活かしたハーフユニットバスがおすすめです。

リフォーム用に費用を抑えたもの型落ちメーカー在庫品などを活用するとより費用を抑えることができるでしょう。

 

機能や内装を厳選する

ユニットバスは機能内装のグレードなどによって価格が大きく変わります。予算を超えないように、妥協できるポイントは妥協してコストを抑えましょう。

業者を選ぶ際は複数に相見積もりをとり、料金や工事内容、アフターメンテナンスなどを比較してみましょう

 

他の水回りの設備とまとめてリフォームする

リフォームは複数をまとめて行うと費用が割安になる場合がありますが、特に水回りのリフォームはまとめて行うと費用を大きく抑えることができます。水回りには以下のような場所が該当します。

  • 浴室
  • キッチン
  • トイレ
  • 洗面所

 

この4か所は各メーカーがリフォームをパックにしたリフォーム4点セットを売り出しているところもあります。このようなパックを利用すると相場よりも安くリフォームを行うことができるため、検討してみるのもいいでしょう。

リフォーム4点などのセットパックは、ユニットバスや洗面台の内容があらかじめ決まっています。メーカーや業者ごとに良く調べてから利用しましょう

 

浴室リフォームでは安さをうたう業者に注意!

浴室は毎日身体の疲れを癒やすリラックスの場でもあります。家族みんなが気持ちよく使えるような使い勝手のいいものを選びましょう。

最近は、家電量販店やデパートなどでも浴室リフォームが頼めるようになりました。他社との価格競争に勝つためにどれだけ安いかを競っている業者も存在します。しかし、あまりにも破格な料金設定をしている業者に依頼するとトラブルに発展する可能性もあります。

業者選びの際は必ず数社に相見積もりを取り、自分が求める工事内容の相場を確かめるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です