賃貸住宅リフォームの費用相場・安く抑えるポイント

賃貸住宅リフォームは、家主が入居率をアップさせるために行う住宅のメンテナンスだと考えることもできます。ここでは入居率アップのための賃貸住宅リフォームに関して、どの程度の費用が必要になってくるのかをご紹介します。

賃貸住宅リフォームの費用相場

賃貸住宅のリフォームの一般的な費用相場はおおよそ50万円〜100万円となっています。

入居率アップを目的としているリフォームは、古い賃貸物件を修繕するリフォームよりもいくらか控えめの相場になるようです。また、キッチンやトイレなどの傷みやすい水回りは、入居の際のチェックに大きく関わってくる場所でもあります。

その時代によって流行が変わりやすい場所でもあるので、ピンポイントでリフォームをすることによって小さな費用で大きな集客を見込むこともできるようです。

 

賃貸住宅リフォームを安く抑えるポイント

賃貸住宅のリフォーム費用を抑えようと考えるのならば、上記でも紹介したように水回りだけに特化するのが良いでしょう。または、明るい部屋だと感じてもらえるようにフローリングをきれいにするなど、リフォームしたい箇所をピンポイントで行うことが重要です。

配管など、リフォームに手間がかかる箇所が傷んでいるとどうしても額が大きくなりがちです。その場合は一気にリフォームするのではなく、少しずつ手を加えていくという手も有効です。

 

賃貸住宅リフォームのメリット

賃貸住宅リフォームのメリットは、やはり集客が多くなる見込みを持てるといった点ではないでしょうか。また、「リフォームをしたことによって最新式の水回りに変えることができた」といった場合は、その分賃料を値上げすることも可能になります。

住居の質が上がるだけではなく、実入りを増やすことも可能になるというのは非常に大きなメリットだと言えますね。

 

賃貸住宅リフォームの注意点

賃貸住居のリフォームは、費用対効果をしっかりと考えておくことが大切です。安く抑えたいとばかり考えてしまい、「リフォームをしたけれど入居者は増えなかった」では意味がありません。

「どの部分に対してリフォームが必要になっているのか」「本当にリフォームにかける費用を回収することができるのか」といった部分をしっかりと考え、把握しておく必要があります。また、マンションなど戸建てではない場合、近隣住民へもしっかりとフォローを入れましょう。

トラブル回避についてはこちらも合わせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です