二世帯住宅リフォームの費用相場・安く抑えるポイント

少子化が進む昨今、子育てや予算的な問題から二世帯住宅のメリットを取り入れようと考える方が増えています。とはいえ、二世帯住宅ともなると大規模なリフォームが必要になります。一体どれほどの費用になるのか、気になるところではないでしょうか。

二世帯リフォームの費用相場はどれくらいなのか、注意点やメリットなどと一緒に詳しく見ていきましょう!

2世帯住宅リフォームの費用相場

二世帯住宅のリフォームは、単純にその家に住める家族をひと世帯分増やすリフォームと考えることもできます。工事内容によっては家をもう一軒建てるのと同じようなことになり、その分費用は高額になることが多いです。

この場合、費用の相場はおおよそ1000万~1250万円ほどになります。

 

二世帯リフォーム安く抑えるポイント

二世帯住宅のリフォームの場合、同居型のリフォームになるのか別居型のリフォームになるのかが費用面の大きなカギになります。

費用を安価に抑えようと考えるのならば、同居型がおすすめです。この形は、玄関や水回りは共用とし、増えた世帯分使いやすくするためにダイニングとリビングをつなげてリビングダイニングにするなど、間取りのリフォームが主になります。

これに対して別居型の場合、水回りなどはもちろん玄関も別個となり、家内で行き来できる場所にも扉がついているという作りになります。別居型の方がリフォームにかかわる部分が多くなるので、その分費用も多く必要になります。

ちなみに二世帯住宅を厳密に定義するならば、後者の別居型だけが当てはまります。

 

二世帯住宅リフォームの注意点

二世帯住宅のリフォームの際に一番に気を付けなければいけないのは、プライバシーの問題です。

特に子供世帯が結婚している場合、配偶者だけが血縁者のない家で暮らすことになります。ちょっとした行き違いで家族間が険悪な空気になってしまう原因にもなるので、プライバシーの問題には気を配ってリフォームを進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です