トイレリフォームの費用相場・安く抑えるポイント

トイレは日々の生活の中でも重要な場所です。ライフスタイルやご家族に合わせて、リフォームを考えている方もいるのではないでしょうか。

リフォームの際にまず気になるのは費用面だと思います。トイレをリフォームするには一体どのくらいの費用が必要なのでしょうか?

今日は気になるトイレリフォームの費用に加えメリット注意点などもご紹介します!

トイレリフォームの費用相場は15万〜50万円

トイレリフォームのタイプ別の費用相場は以下の通りになります。

一般的なトイレのリフォーム 15万~50万円
便座交換のみの場合 5万~20万円
和式から洋式へのリフォーム ~60万円

 

床下や壁の排水管電源工事が必要になる大規模な改修や床や壁を含めたリフォームの場合、その分が上乗せされた金額になりますので費用がさらに必要になってきます。

 

安く抑えるにはタンク式の型落ちが狙い目!

リフォームの工事費はほぼ固定されているので、全体の金額を左右するのはトイレのグレードです。比較的安いタンク式タイプだと10万円台ですが、最上級の機能を備えたタイプは40万円前後とかなり高額になります。

費用を安く抑えたい場合はメーカー在庫旧商品がねらい目です。最新のタイプでなくとも性能の良いものはたくさんありますから、リフォーム業者に手配できないか聞いてみましょう。

メーカーにこだわらず、業者に提案してもらうのもひとつの手です。

 

トイレリフォームで年間約15,000円の節約!

リフォームの一番のメリットは節水・節電効果でしょう。

今のトイレは10年前のものと比べて年間で約15,000円分もの節水効果があると言われています。また暖房便座やウォシュレットにかかる電気代も確実に下がっています。

節水だけではなく、各種メーカーは便器の自動洗浄などにも力を入れています。便利な機能により掃除の手間が省けるのも嬉しいポイントです。

 

トイレリフォームの注意点

リフォームでよくある失敗は、スペースを考慮せずにトイレを選んでしまい改修前よりも狭くなってしまうことです。最近のトイレは外開きのドアが主流ですが、内開きのまま改修を行うと出入りがしづらくなるなど思わぬ落とし穴もあるため要注意です。

選ぼうとしているトイレが現状のスペースに合っているかどうか、事前に業者とも相談してチェックするようにしましょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です