増築リフォームの費用相場・安く抑えるポイント

ライフスタイルの変化に合わせて、家の増築を考えている方もいるのではないでしょうか。増築は今あるお家は壊すことなく生活スペースを広げることが出来ます。

部屋を新しく作るリフォームとなると、何となく大きな工事をイメージするかもしれません。増築リフォームはどんな場合に向いているのでしょうか?そして、費用はどのくらい必要になるのでしょうか?

今回は増築リフォームのメリット費用注意点などお話します!

 

増築リフォームの費用相場

増築リフォームの費用は増築する規模によって大きく異なります。一般的な相場は下記のようになります。

出窓スペースを新設する場合 200万〜300万円
二階を増築する場合 800万〜1500万円

増築の中でも出窓の新設などスペースの拡大は比較的安くすみますが、一方で二階の増設など大掛かりな設計と工事が必要なものは新築並に費用がかかる場合があります。

 

増築リフォームを安く抑えるポイント

増築部分に水回りを持ってこない

水回りを移動するには、水回りの設備につなげるための給水管や排水管も移動させることになります。もし増築して新しくできたスペースに水回りを設置するなら給排水管を伸ばしてくる工事も必要になるため、水回りを設置しない工事に比べて費用が高額になります。

さらに、水回りの設備を使用するには水だけでなく電気が必要なものもあるため、電気配線工事も同時に行わなければいけないケースもあります。

費用を抑えたいのであれば水回りの設置はよく検討してからにしましょう。

 

優良業者を探す

リフォームにかかる費用を安く抑えるには、そのための工夫などをきちんと提案してくれる優良業者を探すことがカギとなります。

対応がていねいできちんとした説明や提案をしてくれる業者を探すには、相見積もりをとって業者を比較するのがおすすめです。見積もりは金額に目が行きがちですが、内容が分かりやすいかやきちんと対応してくれるかなどを見るのも大切な判断材料になります。

工事事情は一般の人には分かりにくく、専門知識がないと判断が難しい場合もあります

 

増築リフォームのメリット

増築リフォームは、法律などの制約で建て替えが困難な住宅今ある住宅を活かして居住スペースを広げたい場合などにメリットがあるでしょう。

増築リフォームをすることで、今ある建物を取り壊したり別の物件に住み替えたりすることなく住居スペースを増やすことができ、結果的にコストの削減になります。さらに、家に住み続けながら出来るリフォーム内容がほとんどですので、仮住まいを探す手間も省けます。

慣れ親しんだ我が家を手放したり壊したりすることなく住居空間を広げられるのは、増築リフォームの最大のメリットと言えるでしょう。

 

増築リフォームの注意点

家全体の強度に注意

増築リフォームは、耐震強度や建築基準法などの基準を損なわないように設計しないといけません。増築部分だけではなく、既存の建物部分も一緒に補強しなければいけない場合もあり、手続きも複雑になりがちです。

建物の構造によっては、新築よりも費用がかさむこともあります。

 

古い建材との繋ぎ目が目立つことも

さらに、増築リフォームはもともとある建物に追加して建物を取り付ける工事のため、もとの建物が古い場合同じ建材を使うことができず、外観がつぎはきのようになってしまう場合があります。

このような増築になると外観だけでなく、台風や地震が発生した時にもともとの建物と増築部分の繋ぎ目がひび割れる場合もありますので注意しましょう。

増築リフォームを考える際は増築に詳しい業者を選定してよく話し合い、設計をしっかりと立てて行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です