【成功のポイント】浴室のバリアフリーリフォームのコツ!

 

浴室での高齢者による事故は増加しており、とくに体に不自由になれば浴室のリフォームが必要になってきます。浴室のバリアフリーリフォームには、高齢者が使いやすいだけではなく、介助者にも優しいという視点も必要になります。

本当に使いやすい浴室にするには、どのようなリフォームをしたらよいのでしょうか?

a

今回は浴室のバリアフリーリフォームについて、ポイントをいくつかご紹介します!

 

浴室で事故が起こる原因は?

浴室で起きる事故には、「出入り口の段差に躓き転倒する」「深い浴槽の中で転倒し溺れてしまう」「洗い場のイスにこしかけようとしゃがんだ際バランスをくずす」「濡れた床で滑って転倒する」「温度差が原因で失神する」などがあります。

これらの事故を防ぐには、高齢者やその介助者が使いやすいような高さや幅を考えたり、リスクを減らすために浴室の機能面を見直していくことが大切です。

 

バリアフリーリフォームのポイント

段差をなくして出入りを楽に

浴室と脱衣所の床の高さを同じにすると、段差でつまずく危険が少なくなります。完全になくさないのであれば2cm以下にとどめましょう。

日本は洗い場で体を洗う入浴方法が一般的なため、洗い場に大量の水が流れてもいいよう浴室の床は脱衣所の床より15cmほど低くなっているのがほとんどです。この段差つまづいて転倒してしまう例がたくさんありますので、排水機能を設置して脱衣所に水が漏れやすくなるのを防ぎつつ段差はなるべく無くすようにしましょう。

 

手すりを設置

身体を支えるための手すりを設置することにより、浴室での移動はぐっと楽になります。一般的にバリアフリーリフォームにおいて手すりが設置される場所は下記のようなところです。

  • 浴室に出入りする位置
  • 入り口からシャワーあたりまでの位置
  • シャワーチェアの立ち座りをする位置
  • 浴槽に出入りする位置
  • 浴槽内で立ち座りをする位置

 

浴槽は出入りをしやすく

体が不自由になってきた高齢者にとって、一般的な浴槽の高さは負担となっていることがほとんどです。浴槽をまたぐときに大きく足を広げると、転倒してしまう場合があります。

高齢者でもまたぎやすい浴槽の高さは35cmほどといわれています。これに合わせて浴槽を半埋め込み式(浴槽の約3分の1を床に埋め込んだ設置方法)にしたら、またぐとくの負担が減り安全性が高まります。

 

床は滑りにくいように

浴室の床材には滑りにくいものを使い、転倒事故を防ぎましょう。

古い浴室には床がタイル貼りになっているものがありますが、タイル貼りの床は水に濡れると非常に滑りやすくなります。床を選ぶ際は水に濡れたり石鹸がついても滑りにくく寒い時期も冷たくならないものを選ぶのがベストです。

 

浴室は暖かく

とくに気温が低くなる冬場、脱衣所は暖房がある部屋に比べて気温が低くなりがちです。そして浴室に入ってからも、洗い場の温度と熱いお湯の温度にはかなりの差があります。このような温度差により急激に体温が変化するとヒートショックを引き起こす可能性があります。

ヒートショックとは急激な体温の変化による血圧の上昇や下降によって体がダメージを受けることです。最悪死に至ることもあり、ヒートショックによる自宅の浴室での急死はとくに気温が低い1月ごろに多く発生しています。

 

ヒートショックは脱衣所と浴室を暖かくすることで防ぐことができます。脱衣所にヒーターや床暖房などを設置したり、浴室に浴室暖房乾燥機を設置してもいいでしょう。浴室暖房乾燥機はものによって機能が違ってきますので、他のリフォーム部分や費用との兼ね合いを見て必要なものを決めるのがおすすめです。

 

費用をお得にする方法

介護保険には高齢者住宅改修費用助成制度という、決められた条件を満たしたうえで申請すると費用の助成を受けられるという制度があります。20万円という上限はありますが、うまく利用するとバリアフリーリフォームをお得に進めることができます。

ただし助成を受けるには事前申請が必要で、申請前からすでに着工している工事は対象外になりますので注意しましょう。

a

バリアフリーリフォームの費用についてはこちらの記事もご覧ください。

バリアフリーリフォームの費用相場・安く抑えるポイント

 

浴室のバリアフリーは使う人のことを考えて

浴室のバリアフリーリフォームには洗い場や浴槽、脱衣所など、いろいろな箇所が関わってきます。高齢者が安全に入浴できるように、また、介助者の負担を減らすためにも、浴室のバリアフリー化はしっかり計画をたてて行いましょう。

 

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です