断熱リフォームの方法と効果は?暖かくなる以外にメリットはあるの?

冬になると「自宅の結露がひどい」「暖房をつけても部屋があまり温まらない」「廊下が寒すぎる」などと思うことはありませんか?こういったお悩みは、家の断熱性が十分でないことが原因かもしれません。

寒さは我慢し続けると体調不良につながり、さまざまな病気の原因になります。とくに長く居る場所である我が家の寒さは、こうした体調不良にダイレクトに結びついてしまいます。自分の体調のためにも、自宅の寒さはどうにかしたい問題ですよね。

そんな寒い家を快適にするためにおすすめなのが、断熱リフォームです!今回はそんな断熱リフォームについてご紹介していきます!

断熱リフォームとは?

断熱リフォームとは、その名の通り家の断熱性を高めるためのリフォームです。最近作られた家には断熱材というものが壁の中に入っていることがほとんどです。断熱材には下記のような効果があります。

  • 外の気温が家の中に影響を与えないようにする
  • 家の中で適温になった空気を外に逃がさない

 

断熱材のおかげで、外がどんなに寒かろうが家の温度を暖房で調節することができます。

断熱材が無ければ冷暖房をつけても部屋の気温が適温になりにくく、冷暖房の効率も悪くなりがちです。

 

家が暖かくなる、以外にもメリットが

断熱リフォームによって得られるメリットは、家が暖かくなることだけではありません。断熱リフォームにより家の中の気温が外の気温に左右されにくくなるので、冬に家が温まりやすくなるのはもちろん、夏も家が涼しくなりやすいです。

また、暖房冷房の暖気冷気が逃げていかないので効率良く部屋が適温になり、結果光熱費も安く抑えることができます。

寒さは体調にも影響を与えますので、家の断熱性を高めることにより健康的に過ごせたり病気を改善することにもつながります。

 

断熱リフォームの内容

の断熱リフォームには、内側から施工する方法外側から施工する方法があります。

内側からの施工では、壁をはがして断熱材を入れたり壁の上からそのまま断熱材を張るという方法があります。そのまま上から張る場合はその分少し部屋が狭くなってしまうのに注意です。

外側から施工する方法には、断熱効果のある塗料を外壁に吹き付けたり家の骨組みの外側に断熱材を張る方法との2つがあります。

断熱材を取り付ける際は、外壁に断熱材の重量に耐えられるだけの強度がなければ出来ませんので、注意しましょう。

 

せっかく家の中で温まった空気も、逃げてしまったらもったいないです!温かい空気は窓から逃げやすく、逆に閉めた窓から冷気が入り込むこともあるので、窓には断熱サッシを取り付けて気密性断熱性を高めましょう。

また、窓サッシのリフォームは断熱だけではなく、防音効果、耐震補強、結露防止、窓の使い勝手の改善にも関わってきます。このリフォームだけで家の快適度が大きく変わってくるのでおすすめです。

窓サッシについては以下の記事も合わせてご覧ください

 

足元から冷えるというお家には、床下断熱が効果的です。床下に断熱材を入れることで床の冷たさを感じにくくなり、暖房をつけたとき部屋が温まるのも早くなります。

床下に断熱材を入れるだけなら工事は1日ぼどと比較的短期で、床の張替えも一緒に行うのであれば少し長くなり1日~3日となります。

 

断熱リフォームで快適な住まいを!

断熱リフォームは上手くいけば家の快適度がかなり変わってきます。成功させるためにも、依頼する業者はしっかり選んでおきましょう!

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です