エコカラットの効果は?場所別のおすすめと費用相場

エコカラットは空気を綺麗にするだけでなくデザイン性にも優れているため、リフォームに大人気の壁材です。今回はそんなエコカラットの特徴価格についてご紹介します。

エコカラットについて

 

この投稿をInstagramで見る

 

kykhome(@naturalmodern.t)がシェアした投稿

エコカラットとは?

エコカラットとはリクシルのインテリア壁材です。多孔質セラミックスという目に見えないくらい細かな孔により室内の空気に対して優れた空気清浄機能を発揮します。日本の土壁をヒントに最新技術によって作られた、人にも環境にもやさしい建材として人気です。

 

エコカラットの効果

エコカラットの効果は大きく下記の通りです。

  • 優れた吸放湿性能
  • カビ・ダニの繁殖を抑制
  • 悪臭のもとになる物質を吸着
  • シックハウス症候群の原因となる有害物質を低減

 

エコカラットは湿度調節にすぐれた効果を発揮します。また、生活臭の中で4大悪臭ともいわれているアンモニア・トリメチルアミン・硫化水素・メチルメルカプタンといった成分に対する脱臭効果もあります。

エコカラットにはシックハウス症候群の原因になるような物質は含まれておらず、他の家具や建材から発生する有害物質も吸着し空気中の濃度を下げてくれるので、安全面も抜群です。

 

エコカラットの種類と値段

 

この投稿をInstagramで見る

 

hatsuki abeさん(@wellhomes.abe)がシェアした投稿

エコカラットの種類

エコカラットの費用はエコカラットのグレードによっても変わってきます。エコカラットの種類は下記の4つです。

エコカラット スタンダートなタイプ。種類、価格ともに豊富。
エコカラットプラス 既存のエコカラットに比べ吸放湿度が30%アップしたタイプ。水や汚れに強くなったことで、日常的な汚れに対する手入れが楽。
デザインパッケージ エコカラットプラスの機能はそのままに、壁に絵を飾る感覚でエコカラットを設置できるパッケージ。部屋のインテリアや好みに合わせて選び、比較的簡単に施工することができる。
デザインパネルキット よりコンパクトなデザインパネル。小さいスペースにコンパクトに収まるためちょっとした模様替えに最適。

設置する場所範囲目的などに合わせて好みの種類を選びましょう

 

エコカラットの値段

例えばトイレの壁にエコカラットを設置しようとした場合、費用の相場は下記のようになります。

本体価格 5,800円~13,700円(/㎡ )
工事費込み施工費 59,000円~12万円

ストーン調やレンガ調など、凝った造りのものは高額になる傾向にあるようですので、導入する際は予算に気をつけて組み合わせを考えましょう!

 

場所別おすすめエコカラット

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミサワリフォーム株式会社 リフォーム&リノベーションさん(@misawa_reform)がシェアした投稿

空気清浄が可能なエコカラットですが、寝室やリビングだけでなく家の中のさまざまな場所に施工できます。

 

リビング

家族でくつろいだり、友人知人を招いたりするリビングはいつも清潔であってほしいですよね。エコカラットには、身体に悪影響な物質を吸着させる効果があるので、人が集まりやすいリビングにもおすすめです。

ダークグレーやベージュのグラナス ルドラを貼れば、重厚な雰囲気やセンスの良さを演出できます。

 

ダイニング

ダイニングはキッチンのそばにあり、臭いや湿気がこもりがちです。こうした場所でこそエコカラットの吸放出機能消臭機能をフル活用しましょう。

キッチンカウンター下にグラナス ルドラのブラウンを貼ったり、壁面にホワイトのグラナス ヴィストを貼ってレンガ調にすると、優しい雰囲気になるでしょう。

 

寝室

寝室は心地よい眠りのために適度な湿度ときれいな空気を保ちたい場所です。エコカラットには湿度を抑える効果もあるので、カビやダニを防ぎたい寝室にも適しています。

洋室におすすめなのが岩模様で落ち着いた部屋にみせられるストーングレースのダークグレーです。和風な雰囲気のあるグレーのたけひごも、横貼りすればより洋室に調和させられます。

 

トイレ

エコカラットには脱臭効果もあるので、トイレの壁にも適しています。さりげない曲線が美しいライトグリーンのスプラインを貼って、清潔感のある空間を演出できるでしょう。

 

玄関・廊下

エコカラットには豊富なデザインがありますので、デザインを重視して選ぶのも良いでしょう。玄関にはパールマスク、廊下にはエレガントな印象のグラナス ラシャを貼って高級感を演出するのがおすすめです。

 

エコカラットの効果を得るのに必要な面積

エコカラットの効果を得るには部屋の広さによって施工面積を考える必要があります。より調湿効果を得るのに必要な面積の目安は下記の通りです。

1畳 2~3㎡ トイレ など
3畳 3~4㎡ 洗面所 など
6畳 4~5㎡ 寝室、子ども部屋、書斎 など
8畳 5~7㎡ 寝室、子ども部屋、書斎 など
12畳 8~10㎡ リビング など

ご紹介した目安よりも小さい面積でも効果はゼロではありません。また面積が大きければ大きいほど効果は高くなります。

 

DIYでエコカラットを貼る方法

エコカラットのDIYに挑戦する方もいるようです。実はエコカラットはDIYによっても設置が可能で、自分の理想通りのインテリアと機能性を持った空間を実現している方もいます。

ここからはDIYでエコカラットを設置する方法をご紹介します。

 

エコカラットのDIYに必要な道具をそろえる

使うエコカラットと設置する場所や面積が決まったら、DIYに必要な道具を準備しましょう。エコカラットのDIYには以下のような道具が必要になります。

  • 専用ヘラ
  • メジャー
  • ウェットティッシュ
  • 専用接着剤
  • マスキングテープ
  • ハンドタッカー
  • カッター
  • 定規

DIYを普段からしている人なら併用できる道具もありますので、さらにコストカットが可能です!
くし目コテ 3mm
created by Rinker
エコカラット専用接着剤 スーパーエコぬーる1kg
created by Rinker

 

下準備から完成までの流れ

DIYでエコカラットを設置するときの大まかな手順は以下の通りです。

① 下準備 施工する面の床の汚れを防ぐため、下にダンボールや不要な毛布などを敷きます。施工面がコンクリートの場合は、クロスのつなぎ目を10cmほど剥がしておき、ボード面の場合は、タッカーを壁に打ってクロスとボードを接着しておきます。そして施工面の横幅と高さを測り、割付を計算します。
② 施工 エコカラット専用ボンドを施工面に均等に塗ったら、目地のラインを合わせて貼っていきます。エコカラットは割れやすいので、強く押したり叩いたりしないようにしましょう。貼り付け作業は接着剤を付けてから20分以内を目安に行います。
③ 完成 ボンドが乾いたら完成です。

以上が簡単な流れになります。DIYでは不安という方は無理せず業者に施工を頼みましょう!

 

エコカラットの設置を業者に任せる

エコカラットの設置がDIYでは厳しそうという方は、無理せず業者に任せましょう。

業者にエコカラットの設置を頼む場合、複数の業者に見積もりを出して比較検討することがおすすめです。工事費には定価があるわけではありませんので、業者によって施工費はまちまちです。料金と説明に納得できる、信頼できる業者に施工を頼みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です