【お手入れしやすい】キッチンの掃除が楽になるリフォームとは?

キッチンを使う上で、日々の掃除は欠かせないものです。しかし大切だとは分かっていても、毎日手間がかかるとどうしても面倒になってしまいますよね。

キッチンの掃除は、部材や設備にこだわってリフォームをすることによりぐっと楽になることがあります。

今回はそんなキッチンのリフォームにはどんなものがあるのか、詳しくご紹介していきます。キッチンの使い勝手を良くしたい方、必見です!

キッチンが汚れやすいのはどうして?

キッチンが汚れやすい大きな理由はです。

水による汚れ

水を使うシンクの周りにつきやすいのが、水あかヌメリです。

水あかは、水滴をそのままにして乾燥すると水中のミネラル成分が白く硬くなって出来る汚れです。ヌメリは細菌やバクテリアが原因となり、シンクに流された食べ物のカスなどから栄養を得て増殖します。

油による汚れ

飛び散った油の粒子が空気中のほこりとくっつくことで、油汚れは頑固なものになります。油汚れはコンロの周りにつくイメージですが、実は油の粒子は広範囲に散っておりキッチン中が汚れていると言っても過言ではありません。とくに唐揚げなど油を使うお料理が好きなご家庭だとその分汚れやすくなります。

 

キッチンにはこまめな掃除が必要

キッチンの汚れはすぐに掃除したら簡単に落ちるものではありますが、時間をあけてしまうと取れにくくなります。特に油汚れは時間が経つにつれて頑固になり掃除も大変になります。

汚れは簡単に取れるうちに落としておいた方が楽であり、さらにキッチンは毎日使う場所です。結果的に楽にキッチンを綺麗にするためにはこまめな掃除が必要になります。

 

毎日の掃除をしやすくするリフォーム

キッチンのよごれはこまめな掃除が大切になります。なのでキッチンの掃除を楽にしたいのであれば、毎日の掃除を楽にするためのリフォームを行うとよいでしょう。

掃除を楽にするには、汚れがついても落ちやすい素材やパーツを取り入れるのがおすすめです。詳しく見ていきましょう。

ワークトップに掃除のしやすい素材を選ぶ

キッチンを楽してキレイな状態に保ちたいのであれば、素材はステンレスがおすすめです。ステンレスは水、熱、そして汚れにも強い素材で、医療用にも使われているほど衛生的です。もし汚れたとしても、ふきんで拭くだけでキレイになるのでお掃除も簡単です。

ステンレスをワークトップ(天板)に使っていると表面に傷が付きやすいのがデメリットとされてきましたが、最近は傷が付きにくい加工が施されたものもでてきました。

壁材はパネルにしたら手入れが簡単

キッチンの壁、とくにコンロ周りは油や調味料が飛び散りやすく汚れやすい部分です。油がべったりつくこともありますので、サッと吹いただけで汚れが落ちるよう 壁材にはキッチンパネルを使うのがおすすめです。

キッチンパネルはタイルのようなつなぎ目は少なく表面がつるつるしていて、汚れがついてもスポンジなどで簡単に落とすことができるのが魅力です。

デザインを重視するのであればタイル壁もありですが、掃除の手間を極限まで減らしたい場合はパネルにするのが良いでしょう。

コンロも楽に掃除できる!

ガスコンロも選択次第で掃除を楽にすることができます。

IHクッキングヒーターなら表面が平らなので、使い終わった後に軽くふくだけできれいになります。また、天板がガラスなど拭きやすい素材で出来ているガスコンロも比較的掃除が楽になります。見た目もおしゃれになるのでおすすめです。

ガスコンロIHクッキングヒーターについてはこちらの記事もご覧ください

 

キッチンリフォームは日々のことを考えて

キッチンを使いやすくする上でも、掃除のしやすさというのはかなり重要です。

汚れが付きにくい素材汚れが落ちやすい素材を使ってのキッチンリフォームは日々の家事を快適にするのに有効なので、キッチンの使い勝手を良くしたい方はぜひ検討してみてください!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です