【トラブル回避】リフォームの騒音トラブルを防ぐ3つのポイント

生活を快適にする楽しみなリフォームですが、住宅環境を変えるとなると工事が必要になります。そして工事は大規模になればなるほど騒音という問題がついてきます。

お住まいが広大な土地の真ん中に建っている一軒家ならともかく、大抵の場合は近隣住民に配慮しながら工事を進めていくことになります。自分のためにも近隣のためにも、リフォーム工事によるトラブルは避けたいところですよね。

今回はリフォーム工事においてトラブルになりやすい騒音問題について、トラブルを回避するために事前にできることをご紹介いたします!

リフォーム工事には騒音がつきもの

工事に音はつきもので、どんなに配慮しても騒音はほぼ必ず発生してしまいます。実はリフォームにおける近隣トラブルで最も多いのは騒音で、これは戸建住宅であってもマンションでも同じです。場合によっては裁判にまで発展してしまうケースもあるようです。

 

騒音によるトラブルを回避する3つの事前準備

騒音を完全になくすのは難しいため、騒音によるトラブルを回避するためには近隣住民にかかるストレスをできるだけ軽くするための事前準備が大切になります。

では、実際にできる準備にはどのようなものがあるのか見ていきましょう!

 

ポイント1:近隣住民への挨拶まわり

リフォームが決まったら、遅くても工事開始の一週間前までには近隣住民へ挨拶まわりをしておきましょう。

挨拶まわりの範囲は、戸建であれば両隣と向かい3軒と裏3軒マンションであれば両隣と上3軒と下3軒が一般的です。工事期間が長いリフォームであれば手土産も一緒に持っていくといいでしょう。

ここで大切なのは、挨拶の際に下記のことを伝えておくことです。

  • 工事期間
  • 工事が行われる曜日と時間帯
  • どのような影響が予想されるか
  • 緊急時の連絡先(依頼主と工事事業者両方)

 

これらを伝えることにより、近隣住民は騒音に対しての心の準備をすることができ、工事の終わりが分かるのでストレスも軽減されます。

最近はリフォーム業者だけが挨拶まわりに行くケースも増えていますが、施主も一緒にまわることで配慮していることがきちんと伝わるので好印象です。

挨拶まわりについてはこちらの記事もあわせてご覧ください。

 

ポイント2:工事時間の調整

基本的に工事は週末や祝日を除いた10時~17時など、常識的な時間帯に行われることになります。しかし、人によっては迷惑になりやすい時間が一般的な時間とは異なることもあるでしょう。

もし近隣住民や地域に特殊な事情があった場合、工事を行う時間帯をリフォーム業者に相談してみましょう。

 

ポイント3:吸音材を活用する

吸音材とは、名前のとおり音を吸収する素材です。マンションなど、隣との境が密着している場合などに使われています。

吸音材を部屋に貼ってから工事を行うことで、発生する騒音を和らげることができます。しかし、吸音材の使用は別料金が発生することがほとんどですので、希望する場合は業者に一度確かめてからにしましょう。

吸音材の使用はその他の対策をすべて打ったあとの最終手段として考えておきましょう。

 

騒音対策でリフォーム後の生活も快適に

家はリフォーム後も長く住み続けていくものですよね。これから先ずっと、快適に住んでいくにあたり、地域の人たち、特に隣人とは仲良くしていきたいと思います。

事前のちょっとした気遣いでトラブルを避けることは可能です。お互いに気持ちよく工事期間を過ごすために、騒音への対策を怠らないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です