【具体例あり】片付きやすい部屋を実現する収納リフォームのアイデア

部屋を綺麗にオシャレに保ちたいというのは、誰しもが考えることだと思います。一方で「部屋がなかなか片付かない」「一度綺麗になってもすぐ散らかってしまう」といったお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

部屋が片付かないのはモノの量や片付けの仕方のほか、部屋そのものが原因であるケースもあります。片付けがしやすい部屋とはどんな部屋でしょうか?また、すっきりと片付きやすい部屋を実現するには、どんなリフォームをしたら良いのでしょうか?

今回は片付けがしやすい部屋と、そんな部屋を実現するための収納リフォームについてご紹介します。

収納リフォームの注意点は?

収納場所を増やすリフォームは片付けのしやすい部屋を作るのに有効ですが、失敗すると逆に部屋が散らかりやすくなる原因になりかねません。収納リフォームでのよくある失敗として、次のようなものが挙げられます。

  • 高いところのスペースをすぐに使わなくなった
  • 奥行がありすぎて奥にしまったものを使わなくなった
  • 棚がぎゅうぎゅうで出しっ放しになるものができた

 

基本的に取り出すときに手間になる収納はあとあと面倒になって使わなくなってしまったり、中身を忘れてしまうことが多いです。踏み台を使わないととどかないような高いところの棚や、奥行きのある棚の奥の部分は日常的に使う収納としては不便に感じるでしょう。

また、収納がぎゅうぎゅうになってしまうと出しっ放しになるものが出てきてしまい、かえって部屋が散らかってしまいます。ぎゅうぎゅうにならないようスペースに余裕を持たせるか、ものを減らすようにしましょう。

 

部屋を綺麗に!収納リフォームのアイデア

普段使いの収納は手間を少なく

頻繁に使うものを入れるための収納はできるだけ取り出す手間を減らせる工夫をしましょう。

例えば料理に使う菜箸を戸棚の中にある引き出しにしまっていれば、料理のたびに戸棚を開けて引き出しを開けなければいけなくなります。一方棚の箸立ての中に入れておけば取るだけで済みます。毎日菜箸を使うとして、前者のように取り出すまでのアクション数が多いと手間を面倒に感じるようになってしまいます。

キッチン周りなどの毎日使う収納は、なるべく少ないアクション数でものを取り出せるように工夫しましょう。

扉付きの棚にしまうのではなく、見えるように並べておくことで使うときにすぐに手に取れるのは手間がなく便利です。見せ方によってはキッチン用品もオシャレなインテリアになります!

 

View this post on Instagram

 

auka | 『たてるをたのしく、簡単に』さん(@auka_jp)がシェアした投稿

キッチンにそこまで大きくスペースを取れない……という方におすすめなのがこちらのウォールシェルフです。シンプルな棚ですが、うまく使えば利便性は抜群です!

 

View this post on Instagram

 

めぐみさん(@mecchi555666)がシェアした投稿

 

ひと部屋まるまるウォークインクローゼットに

収納のために大きくスペースを取ることができるのであれば、ウォークインクローゼットをつくるのもおすすめです。

ウォークインクローゼットとは、名前のとおり人が歩いて入れるだけのスペースがあるクローゼットのことで、多くのものを一か所にまとめて収納することができます。大抵のものはそこにあるという場所を作ることができますので、探し物や出かける準備に困ることが少なくなります。

ハンガーラック、棚、引き出しなど多様なタイプの収納が用意してあれば、服だけではなく普段はしまっておきたいさまざまアイテムを一か所にまとめておけます。

 

View this post on Instagram

 

eri__noieさん(@eri__noie)がシェアした投稿

こちらはより多くのハンガーをかけられるタイプ。ファッションを楽しみたい人におすすめです。

 

View this post on Instagram

 

坂牧工務店_sakamaki koumutenさん(@sakamaki_koumuten)がシェアした投稿

壁紙や床も工夫することにより、ただの収納スペースではなく個性的な空間にもなります!

 

View this post on Instagram

 

西和不動産株式会社さん(@seiwa2103)がシェアした投稿

ウォークインクローゼットの設置費用などについて、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

 

収納としても家具としても使える仕様に

収納目的以外でリフォームをする場合、ついでに収納としても使える仕様にすることで無駄なく収納を増やすことができます。

例えば椅子の座面に収納スペースにしたり、ダイニングのカウンターの下やテレビ台を収納スペースにしたりなど、工夫次第でいくらでも増やすことができます。

テレビ台を利用できるだけでも、収納スペースは大きく広がります。

 

View this post on Instagram

 

ip20 システムオーダー家具さん(@ip20bushy)がシェアした投稿

キッチンカウンターを戸棚として利用しているタイプです。本来なら収納目的のものではない場所も有効に利用すると、より収納スペースをひろげることができます。

 

View this post on Instagram

 

hana*さん(@ans_hana09)がシェアした投稿

 

DIYで収納リフォーム!

収納は増やしたいけれどもリフォームするまでお金を回せない……という方におすすめなのが話題のDIYです。小さな収納であれば、最近は初心者でも簡単に制作できるようになっていますので、時間のある方や興味のある方は挑戦してみるのもいいでしょう。

また、DIYの利点は自分の好みに合わせて自分の手で制作できるというところです。インテリアにこだわりがある方にもおすすめです。

 

綺麗な部屋は使いやすい収納から!

部屋が散らかりやすいという方は収納スペースが足りていないのかもしれません。思い切ってリフォームすることによって、片付けしやすい部屋を実現しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です