【費用相場】リフォームと建て替えを徹底比較!お得なのはどっち?

「今現在の住宅が古くなってきた」「もっと便利に生活を送りたい」など、毎日生活するご自宅のことであれば普段から不便を感じる点も多いかもしれません。

家を全体的に変えたいと考えたとき、大規模なリフォームをするか家を建て替えてしまうかであればどちらがいいのでしょうか?

今回は費用メリット・デメリットの面から、リフォームと建て替えの徹底比較します!

リフォームと建て替えの違いは?

リフォームとは

リフォームとは、もともとある家の基礎部分は残して部分的に改築、修繕などを行うことを言います。水回りや床材だけといった一部分だけのリフォームもあれば、ひと部屋まるまる新しくしてしまうリフォームもあり規模はそれぞれです。

空き家や中古マンションを購入した際によく聞くリノベーションもリフォームのひとつとされることもあります。

 

建て替えとは

一方建て替えとは、もともとある住宅を基礎部分から取り壊して新たに一から住宅を建てることを言います。建物を一度解体して土地を更地にしてから建てるので、工事はリフォームよりも大規模になります。

現在は老朽化が進んでいる住宅も多く、建て替えの需要は高まっています

 

リフォームのメリット・デメリット

リフォームのメリット

リフォームのメリットには、下記のようなものがあります。

  • 既存部を残しながら気になるところだけを施工できる
  • 費用の調節がしやすい
  • 工事期間が短い
  • 税金のが軽減される制度が多数

 

既存部を残しながら気になる箇所のみを施工するリフォームでは、全てを取り壊す必要がないので建て替えと比較し解体費や処理費がかからず、既存部をうまく使用しながらのリフォームなら比較的低コストで工事をすることができます。

工事期間も短いため、小規模なリフォームであれば引っ越しの必要もなく、仮住まいを探す手間や費用もかかりません。

 

リフォームのデメリット

リフォームのデメリットには、下記のようなものがあります。

  • 構造や間取りに制約をうける
  • 建て替えに比べて自由度が低い
  • 老朽化が激しい場合はかえって高額になること
  • 内容によっては追加費用が必要になる

 

デメリットは自由度が低いことで、大幅な改築や間取りの変更を希望している場合は物足りないと感じるかもしれません。また、建物が激しく老朽化・欠陥している部分をリフォームする場合にはかえって費用が高くなる可能性があります。

 

建て替えのメリット・デメリット

建て替えのメリット

建て替えのメリットには、下記のようなものがあります。

  • 地盤から耐震補強することができる
  • 最新の住宅設備にすることができる
  • 間取りから変更が可能

 

建て替えのメリットはなんといっても自由度が高さで、間取りから設備まで大幅な変更も可能である点です。また、耐震性や耐久性も改めて得ることができますので、今の住まいをリセットして全てを一新したいという方には適しているといえます。

 

建て替えのデメリット

建て替えのデメリットには、下記のようなものがあります。

  • 費用が高額になりやすい
  • 工事期間が長い
  • 各種税金が必要になる
  • 建築基準法によって建て替え不可な物件がある

 

デメリットは費用が高額になる点です。新築とは違い、現住居の解体費用や産業廃棄物の処理費が大きくかかります。

さらに、多くの場合仮住まいが必要になるので引っ越し先を探す手間がかかり、工事期間中の仮住まいの家賃も用意しておかなければなりません。そのほか、不動産取得税固定資産税など各種税金も必要になります。

 

リフォームと建て替えの費用相場

特にリフォームは規模によって必要になる費用に大きく幅がありますが、建て替えと比較するような大規模なリフォームと想定した場合、費用の相場は下記のようになります。

大規模リフォームの費用相場 1700万~2000万円
建て替えの費用相場 2500万~3000万円

 

リフォームと建て替えだと、改修費用以外の費用が多く必要になる建て替えの方が相場が高くなりがちです。建て替えの際にかかる改修費以外の費用には例えば下記のようなものがあります。

  • 既存住宅の解体費
  • 廃材の破棄費
  • (工事期間中の仮住まいの家賃)
  • (引っ越し費用)

ただし、建て替えの場合も費用が安価なローコスト住宅を選ぶなどするとリフォームより安く済むケースもあります。

 

リフォームと建て替えの注意点

リフォームの注意点

リフォームを選ぶ際の一番の注意点は、もともとの家の老朽化が激しいと基礎の修繕や耐震補強などに膨大な費用が必要になり、建て替えよりもかえって高額になるケースもあることです。

また、もともとの基礎を活かすことになるため、間取りや構造にはある程度の制限がかかります。例えば二世帯で住むことを考えてのリフォームであっても、住居スペースを分けるための間取りの変更が厳しい場合もありますので注意しましょう。

 

建て替えの注意点

建て替えを検討する際に注意しなくてはいけないのが、今家が建っていたとしても解体して更地にしてしまうと新たに家を建てることができない再建築不可物件があるということです。

建築基準法により「建築物の敷地は原則として幅員が4m以上の道路に2m以上接していなければならない」ということが定められています。

自分の家が再建築不可物件にあてはまるのかどうかは事前によく確認しておきましょう。

 

リフォームと建て替えの比較まとめ

リフォームと建て替えのポイントをご紹介しました。まとめると下記のようになります。

リフォーム 建て替え
メリット 気になるところだけを施工できる
費用の調節がしやすい
工事期間が短い
税金のが軽減される制度が多数
地盤から耐震補強することができる
最新の住宅設備にすることができる
間取りから変更が可能
デメリット 構造や間取りに制約をうける
建て替えに比べて自由度が低い
老朽化が激しい場合はかえって高額に
内容によっては追加費用が必要になる
費用が高額になりやすい
工事期間が長い
各種税金が必要になる
建て替え不可な物件がある
費用 1700万~2000万円 2500万~3000万円

どちらが自分に合っているのかは、家の何を重視するかによって決めましょう

リフォームか建て替えかを選ぶ比較のポイントには下記のようなものがあります。

  • 費用対効果
  • 間取りの変更などの自由度
  • 長期的な視点

費用に関してはどれだけ安く収まるかというのも気になるところですが、費用対効果がどれくらいあるのかを考えましょう。

また、建て替えはすべてを一から新しくできるのでその場所に長期的に住み続けるならばいいですが、予定がないのであればもったいないことなるかもしれません。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です