【失敗しない!】プロが教えるリフォーム業者選びの7つのポイント

リフォームをしよう!と考えたとき、自分にぴったりの業者を見つけられるかはとても大切です。しかし、業者選びがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。見積もりを取って安いところに、というのも選び方のひとつではありますが、価格だけで業者を選んでしまうと失敗するケースが多いのも事実です。

今回は、実際の現場仕事から人材派遣まで行っているリフォームのプロが、ぴったりのリフォーム業者と出会うためのポイントをご紹介していきます。

リフォーム業者を選ぶ7つのポイント

ポイント1:やりたいリフォームと業者の得意分野があっているか

一概にリフォーム業者と言っても業者はひとつではありません。リフォームを扱っている業者には下記のような種類があります。

住宅メーカー 大手企業が多いので全国展開していたり、大規模なリフォームに対応しているなどのメリットがあります。費用は比較的高額になることが多いです。
工務店 自社で設計から工事までやっている会社もあれば、工事のみ行う会社までタイプはさまざまです。広範囲の工事内容に対応できます。
設計事務所 デザインやオリジナル性にこだわりたいリフォームに適しています。
電気・ガス会社 配線工事、ガス管工事など、それぞれの会社の専門分野を活かした工事内容が多いです。
ホームセンター 洗面台やトイレなど、ホームセンターで取り扱っている大手メーカーの既製品の取り付けが中心になります。これらの取り換えだけを行いたいといったリフォーム内容なら費用を抑えることができます。
リフォーム専門店 それぞれの業者に専門分野や得意分野がはっきりとあり、施工できる範囲が異なることがほとんどです。小規模・中規模の会社が中心で、専門知識を有したスタッフが在中している会社も多いです。

 

専門店は小回りが利くことが魅力であったり、設計事務所は個性的なデザインに出来たりと強みもそれぞれ違います。

またキッチンかトイレかリビングか、一部分か全面的にかなど業者によって得意とする施工内容や規模は違ってくるので、「この業者に頼めばどんなことも必ず大丈夫!」という業者は残念ながらありません。

業者選びの際は自分がどんなリフォームをしてほしいのかを明確にしてから、それと似たような施工を得意としている会社を探すとより理想に近づけます。

 

ポイント2:見積もりは複数とって比べたか

リフォームの見積もりを複数取る目的は、比較して安い業者を見つけることだけではありません。見積もりの内容は業者を判断する基準にできます。

相見積もりをとって比べるときは下記のポイントに気を付けましょう。

  • 商品名や仕様が詳細に書かれているか
  • 価格が極端に高すぎたり安すぎたりしないか
  • 見積もりについての質問にちゃんと答えてくれるか

 

すべての業者に同じ内容や条件を伝えて見積もりを出してもらいましょう。相見積もりは依頼する業者が多すぎると大変になるので、事前に絞って3~4社ほどに依頼するといいでしょう。

相見積もりから業者を選ぶ方法について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

リフォームの相見積もりから業者を比較するポイント

 

ポイント3:すぐ来てもらえる距離にあるか

リフォームをしてほしい場所からリフォーム業者の事務所との距離が物理的に遠すぎると、来てもらうときに費用や時間が必要以上にかかってしまうことがあります。距離が近いと何かあったときすぐに来てもらえるので、その分素早い対応が期待できます。

業者によっては本社は近いけれども実際に担当してくれる支社は遠いというケースもありますので、確認する際は対応する支社の住所を見ておきましょう。

 

ポイント4:こちらの要望を聞き入れてくれるか

事前に業者としっかり打ち合わせをするのはとても大切です。その際、こちらの要望をきちんと聞いて提案してくれるかは重要なポイントになります。

仕上がりを具体的にどうしていきたいかをヒアリングしてくれたり、メリットだけではなくデメリットとなる部分もきちんを説明してくれる業者は安心できます。

逆に押しつけのような売り込みをしてくる業者には気を付けましょう

 

ポイント5:契約内容を書面に残してくれるか

口頭だけのやりとりはトラブルのもとになります。見積もりや契約内容などはきちんと書面に残してもらいましょう。逆にこれを嫌がる業者は悪徳業者であったり、手抜き工事をする可能性があるので注意が必要です。

 

ポイント6:担当者は信頼できそうか

リフォーム業者との付き合いは、最終的には人と人との付き合いになります。特に長い期間が必要な施工だとその分接する時間も長くなるので、気配りのできない担当だと後悔してしまうかもしれません。その担当が信頼できそうかはしっかりと判断しましょう。

例えば下記のようなポイントは業者を判断するポイントになります。

  • 質問をしたときにきちんと答えてくれるか
  • 説明に分かりづらい専門用語を使っていないか
  • 対応がいい加減でないか
  • 話を最後まで聞いてくれるか
  • 提案内容がしっかりしているか

人間として好感が持てるかも大切なポイントになります。

 

ポイント7:保証制度やアフターサービスがあるか

リフォームの場合、新築と違い保証制度やアフターサービスは業者が個別に決めてあり内容や期間はさまざまです。費用が少し高くても保証制度やアフターサービスが充実している業者であれば何かあったときにしっかり対応してくれます。

リフォーム業者がよく扱っているアフターサービスや保証には下記のようなものがあります。

リフォーム瑕疵保険 工事の欠陥、業者の倒産などを保証してくれる保険。住宅瑕疵担保責任保険法人に登録されているリフォーム業者にリフォームを依頼することで加入できる。
リフォーム保証 業者が品質の証として保証書を発行し、工事後数年間の保証を約束する。保証期間は工事の内容や業者によって異なる。
定期点検 完成してから1か月後、3か月後、1年後などの周期で定期的に担当者が訪問点検を行うサービス。
お客様センター リフォーム後何かあった場合や緊急の際に相談できるコールセンター。

工事後も安心できる会社に施工を任せましょう。

 

理想に近づけるリフォーム業者探しを!

リフォームの行く末はほとんど業者選びにかかっています。ぴったりの業者を見つけて理想のリフォームを成功させましょう!

24 COMMENTS

賃貸住宅リフォームの費用相場・安く抑えるポイント

[…] エコキュートの設置・交換に必要な工事と費用相場は? 住宅リフォームの際に気にしておきたい風水的に良いポイントと注意点 耐震リフォームの費用相場・安く抑えるポイント リフォームの近隣トラブル回避のために事前にできる対策法3選! 国や自治体から補助金が受けられるリフォームを3つ! 【失敗したくない!】プロが教えるリフォーム業者選び7つのポイント… […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です