ベランダをリフォームしてサンルームや部屋にするときの費用や注意点

ベランダをより活用する方法のひとつに、ベランダを部屋にしてしまうというものがあります。

ベランダを部屋にするリフォームにはどのようなものがあるのでしょうか?そして、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

今回はベランダを部屋にするリフォームについて、種類費用をくわしくご紹介します!

ベランダを部屋にするメリットは?

「寝室や子供部屋が新たに欲しい」「今の部屋だけでは狭いように感じる」など、お家に部屋やスペースを増やしたいと考えたときよく行われるのがベランダを部屋にするリフォームです。

ベランダをリフォームすることによって大がかりな増築をすることなく部屋が増やせるスペースをより有効活用できるなどのメリットがあります。

 

ベランダを部屋やスペースにするリフォーム

ベランダのリフォームには大きく下記の3つがあります。

  • ベランダをサンルームにする
  • ベランダを部屋にする
  • ベランダをつなげて部屋を広くする

この3つの詳しい内容と費用を見ていきましょう。

 

ベランダをサンルームにする

ベランダをサンルームにする費用 50万~120万円

 

既製品のサンルームをベランダに取り付けることで、ベランダをサンルームにすることができます。このリフォームは、ベランダを部屋として使えるようにするリフォームの中でもっともメジャーなものです。

必要な費用はサンルームの素材や造りによって変わってきますが、洗濯物を干したりする程度に使えればいいのであればもっともお手頃なもので十分です。その場合費用は約50万円ほどになります。

【エントリーでP10倍 9/25まで】サンルーム テラス囲い リクシル サニージュF型 床納まり(ランマなし) 間口1820×出幅885mm 一般地域用 600タイプ(耐積雪強度20cm) LIXIL リフォーム DIY
【楽天リフォーム認定商品】 サンルーム 工事付 ソラリア テラス囲い 間口1間×奥行4尺 木調ガーデンルームタイプ デッキ納まり フラット屋根 熱線遮断ポリカ屋根材 【 YKK AP 基本工事費込み 】 ランドリールーム 増築 ペットの部屋 後付け
created by Rinker

サンルームの設置についてはこちらの記事も合わせてご覧ください。

 

ベランダを部屋にする

ベランダを部屋にする費用 60万~170万円

 

ベランダを子ども部屋や書斎などにする場合、ベランダの解体や撤去に加えて部屋として使うために内装を整える費用がかかってきます。

 

ベランダをつなげて部屋を広くする

ベランダを部屋の延長にする費用 40万~150万円

 

ベランダを部屋の延長にする場合はもともとの部屋に合わせて内装を整える必要がありますので、部屋を作る場合と同じく内装リフォームの分の費用が必要になります。

ベランダが2階以上にある場合は工事に足場が必要になり、その分費用も高額になりますので注意しましょう。

 

ベランダリフォームの注意点

ベランダを部屋やスペースにするリフォームで特に注意しなくてはいけないのが下記のようなポイントです。

  • 固定資産税が増える可能性がある
  • 建ぺい率を超えると違法になる
  • マンションやアパートのベランダは個人でリフォームすることができない

これらの注意点について、ひとつずつ見ていきましょう!

 

リフォームで固定資産税が増える?

ベランダは分類上「設備」という扱いですが、部屋にリフォームすることによって「居室」になり扱いが変わります。これによって床面積が増えることになりますので、その分固定資産税が上がります。

 

増築は建ぺい率を意識して

建ぺい率とは、敷地面積に対して建物面積がどれほどあるかの割合になります。この建ぺい率には各自治体によって上限が決められており、それを上回る建物を建ててしまうと建設基準法違反になってしまいます。

ベランダは建築面積には含まれませんが、リフォームにより部屋にするとその分の面積は建築面積になります。リフォームしたらお家が違法になってしまった!という事態にならないよう、建ぺい率には注意しましょう。

 

集合住宅のベランダは共有部分

また、マンションやアパートなどの集合住宅において、ベランダは個人所有の専有部分ではなく全体共有の財産である共有部分という扱いになります。よって個人で好きにリフォームすることはできません。

残念ですがマンションやアパートに住んでいる場合、ベランダのリフォームは難しいでしょう。

 

不安な点は一度業者へ相談を

ベランダをリフォームすることによって、比較的手軽に家を広くできるかもしれません。決まりごとだけ注意して、今よりも便利なお家を手に入れましょう。

建築に関わる決まりごとには専門知識がないとイメージがしにくいものもたくさんあります。分からないことや不安なことがあれば一度業者に相談してみましょう。

業者をお探しの際はこちらの記事も合わせてご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です